健康・お金・生活

あなたはどこで介護されたいですか?在宅VS施設

在宅VS施設

ある世論調査によると、介護が必要になっても自宅で暮らしたいと願う人が多い一方、施設入所を希望する人も増えています。それはなぜでしょうか?

施設入所を希望する人が増えている

 近年、日本では平均寿命の伸びとともに介護期間が長くなる傾向にあり、老々世帯や独居世帯が増える中で、限られた人への介護負担が重くなっています。
 このような状況の中、介護が必要になったとき、あなたはどこで誰に介護を受けたいでしょうか?
 厚生労働省が全国の20歳以上の5千人に聞いた調査(※1)では、「可能な限り在宅で」と答えた人の割合は37・3%。「特別養護老人ホーム(特養)や老人保健施設(老健)で」と答えた人は26・3%でした。
 在宅介護を希望した人に理由を聞いてみると「現在の住まいで生活を続けたいから」をあげた人の割合が最も多く82・8%、以下「施設では自由な生活ができないから」32・7%、「他人との共同生活はしたくないから」29・0%、「施設で他人の世話になるのはいやだから」28・6%、「施設に入るだけの経済的余裕がないから」などの答えが続きました。
 一方、施設介護を希望した人に理由を聞いてみたところ「家族に迷惑を掛けたくないから」をあげた人が最も多く76・7%、以下「専門的な介護が受けられるから」47・1%、「緊急時の対応面で安心だから」39・4%、「家族は仕事などで介護の時間が十分にとれないから」29・5%と続きました。
 この調査の7年前に行われた調査(※2)では、「可能な限り自宅で」と答えた人は44・7%、「特別養護老人ホームや老人保健施設で」と答えた人は33・3%でしたから、在宅介護を希望する人は減少傾向にあることがわかります。
 できる限り在宅で暮らしたいと願う一方、「家族に迷惑を掛けたくない」と考える人が増えているようです。少しさみしい気持ちになりますが、日頃から家族間のコミュニケーションが少なくなっていることが関係しているように思います。この傾向は今後も強くなっていくのではないでしょうか。

※1 厚生労働省2010年「介護保険制度に関する世論調査」
※2 厚生労働省2003年「高齢者介護に関する世論調査」

斎藤豊男さん斎藤 豊男(さいとうとよお)
株式会社けんこうぷらん 代表取締役
福祉用具専門相談員 
福祉住環境コーディネーター

 

関連記事

  1. 施設のターミナルケアから看取りまで 最期までその人らしく生きるために施設のターミナルケア から看取り…
  2. インフルエンザ対策は口腔ケアから
  3. 進化する福祉用具 シニアの生活や外出をサポートする進化する福祉用具
  4. かみ合わせの悪さが寝たきりを招く かむ力は生きる力
  5. 老老介護が増えるなか防ぎたい認認介護 老老介護が増えるなか防ぎたい認認介護
  6. 口腔ケアにも利用できるアロマオイル
  7. 高齢男性の悲惨な生活状況 介護サービス提供事業者の連携が救った高齢男性の悲惨な生活状況
  8. 歯周病ケア お口の健康が、全身の健康を守る歯周病ケア
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 命涯りあり知は涯りなし
PAGE TOP