健康・お金・生活

体が本来持つ動きを引き出す「初動負荷トレーニング®」とは?

初動負荷トレーニングとは

健康のために運動を始めたいと思っても、何をすれば良いかわからないという方は多いようです。そこで、医療器具として認められた特殊なマシンを使い、シニアでも無理なくできると注目されているトレーニングを紹介します。

その筋トレあなたに合っていますか?

 シニアの方から「医師や家族に運動した方が良いと言われるけど、何をすればいいのでしょうか?」という質問をよくいただきます。「シニアでも筋トレが必要」とはよく聞きますが、肩が上がらない、腰やひざが痛む、高血圧や糖尿病などで健康面に不安があるときに、重たい負荷をかけて無理な筋トレをすることが、果たして今のシニアに合っているトレーニングでしょうか?
 筋肉の量が増えれば、もちろん基礎代謝が上がり、シェイプアップや生活習慣病の予防につながることは言うまでもありません。しかし筋量の増加だけに重点を置いた筋トレでは、根本的な痛みの改善にはつながりません。
 誤った筋力トレーニングは筋肉を傷付けてしまい、かえって関節の動かせる範囲を狭くする危険性もあります。「運動をしなくては……」と義務感にかられて誤ったトレーニングを続けて、筋肉痛になり疲れ果てて家へと帰るのでは、せっかくの運動が本来の目的から外れてしまうことにもなりかねません。

「初動負荷トレーニング®」とは?

 そこで今、注目されているのが「初動負荷トレーニング®」です。これは、重い物を力んで持ち上げる筋力トレーニングとは異なり、医療施設でも使用されている特殊なマシンを使いリラックスしながら、体が本来持つ動きを引き出すトレーニングです。
 スポーツに打ち込まれている方はもちろん、成長期のお子さまから学生さん、シニアの方まで幅広い方に適しています。
 トレーニングを通して健康的な体へと改善・維持、けがの予防やより優れた体の動きをめざし、腰痛や膝痛のお悩みなど一人ひとりの目標に合わせてサポートを行います。
 初動負荷トレーニング®については、さまざまな体の反応について検証がなされており、日常生活はもちろん、アスリートの競技生活において多くの有益性があるといわれています。
 ●筋の柔軟性・弾力性の向上
 ●血流や代謝の促進
 ●老廃物や疲労物質の除去
 ●疲労の回復
 ●血糖値の安定
 ●関節可動域の拡大
 ●体の歪みの矯正
 ●関節や筋肉のストレス除去
 ●怪我や故障の予防・改善
 このトレーニングでは急激な心拍数の上昇や、強制的な血圧の上昇を招きませんので、シニアの方でも体に負担をかけずに安心して行っていただけます。
 トレーニングにより疲労物質が速やかに除去されると、疲労の蓄積や筋肉痛などがほとんど起こらず、爽快感を伴いながら運動することができます。

体に負担をかけずシニアでも安心

 初動負荷トレーニング®を提供しているワールドウィング新潟では、会員の約3割がシニアの方です。会員になられた理由は「普段からテニスをしているが、左おしりから太ももにかけて痛みがあるため改善したい」「股関節痛があり、医師から筋肉をつけるように言われた」とさまざまです。
 会員のお声としては「テニスの最中に痛むことはなくなった。トレーニングはストレッチ不要なので、30分くらいで終わることがきる」「自分でも体が軽くなった気はしていたが、職場の人に『歩き方が軽やかになったね』と言われて、他人から見てもわかるのだなと効果を実感した」「ワールドウィングに通うことが日課になり、生きがいが1つ増えました」などの嬉しいお声をいただいております。
 初動負荷トレーニング®は、医療器具として認められたマシンのため体への負担が少なく、楽に気持ちよくトレーニングすることができます。コーチングスタッフが会員一人ひとりに合わせたメニューを作成し、丁寧に指導しますので、初めての方でも安心してその良さを実感することができます。
 運動不足と感じている方をはじめ、体の痛みや退行、障がいを感じている方も、専用のトレーニングマシンによるしなやかな動きの中で、無理のない運動を体験していただきたいと思います。
 トレーニング後には動きやすさを実感でき、日常動作もスムーズになり、より充実した日々の生活をおくっていただけると思います。
───────────────
■初動負荷トレーニング®を導入している施設一覧は、こちらでご覧いただけます。
http://bmlt-worldwing.com/newpage5.html

吉井 俊浩さん 吉井 俊浩(よしいとしひろ)
ワールドウィング新潟マネージャー
 

 

関連記事

  1. 終活 ライフエンディングを考える【26】
  2. ライフエンディングを考える-豊かな食をサポートする「栄養改善サー…
  3. ドライマウス 単なる乾燥じゃない?!お口の老化ドライマウス
  4. どこが変わる?介護保険制度 次の制度改正でケアプランが有料に!?どこが変わる?介護保険制度
  5. 2025年問題を考える 超高齢化社会の到来2025年問題を考える
  6. 【新連載予告】「いきいきビクス」で ヘルシーエイジング!
  7. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【71】節税目的の養…
  8. 高齢者施設を選ぶときのポイントとは 入居アドバイザーが教える高齢者施設を選ぶときのポイントとは?
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 施設の良し悪しは 「接遇マナー」に表れる
  2. 認知症は病気か?
  3. 終活5ステップ
PAGE TOP