健康・お金・生活

話に共感を持って耳を傾ける信頼関係をつくる傾聴力

人と人とのお付き合いには信頼関係が大切です。
自立支援に必要と思われる福祉用具も、信頼関係があってはじめて、ご利用いただける場合もあります。
今月は信頼関係を築くために重要な、傾聴力のお話です。

苦労話の傾聴が糸口に

 弊社の主な仕事は、福祉用具のレンタル・販売、住環境の整備です。お客さまはご夫婦か、独居世帯の方が多く、何度かお邪魔しますと段々と打ち解けて色々なお話をしてくださるようになります。80代以降の方は戦後、昭和の激動期を必死に生きてこられた方が多く、教えられることばかりです。
 今月は、リヤカーを引いての行商から苦労してお店を経営されてこられたご夫婦のお話です。
 80代半ばのご主人は、筋力低下により体が思うように動かせなくなってきました。時折、認知症の症状もみられ夜中に自宅内を徘徊することもあります。その徘徊中に転倒骨折し、退院後の自立生活支援が必要ということで、今回、弊社にお声掛けいただきました。
 このご夫婦、商いの営業はもっぱら元気な奥さまがやってこられたらしく、何をするにも奥さま主導です。ケアマネジャーが必要と思われるサービスをお勧めしても、奥さまが「必要ない」とおっしゃればそれまでで、頭を悩ませておりました。私の所へは手すり取り付けのご依頼がありましたので、その手続きを進めながらコーヒーをいただき、色々な話をお聞きするようになりました。何回かお邪魔していますと、行商から苦労してお店を持ってこられたこと、そのさなかに4人ものお子さまを育て上げられたこと、お孫さん10人に恵まれ、お小遣いをあげるのも大変なことなど、笑いながらお話をしてくださるようになりました。
 相あいづち槌を打ちながらの話の中で、私から「ここにはこんな手すりがあった方が安全ですよ」など必要と思われるサービスをご提案したところ、「それもそうだね」と肯定的に捉えていただけるようになってきたのです。
 何の苦労もなく立派な人間になった人はいないと思います。そのお話に共感を持って耳を傾けることで、信頼関係ができていくのを実感しました。お話を聞くのも大事な仕事なのだと思いました。

斉藤豊男さん斎藤 豊男(さいとうとよお)
株式会社けんこうぷらん 代表取締役
福祉用具専門相談員 
福祉住環境コーディネーター

 

関連記事

  1. 認知症の人が自分らしく暮らすグループホーム 認知症の人が自分らしく暮らすグループホーム
  2. ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  3. サクセスフル・エイジングへの道 成功加齢のためのQ&A⑩サクセスフル・エイジングへの道…
  4. 若いころからの生活習慣が影響する?! ある日突然やってくる「糖尿…
  5. 「むせる」ようになってきたら要注意!交通事故よりも多いシニアの誤…
  6. 貧困が心身の機能低下を招く 健康長寿のカギは「フレイル」予防⑨
  7. 人生100年時代の幸福論 身の丈を伸ばす生き方
  8. 遺品整理業者の見分け方 トラブルを回避する遺品整理業者の見分け方
ゴールデンライフ送付希望の方
ゴールデンライフの配布場所
読者プレゼント応募方法
脳活ドリル応募申込
脳活ドリルWeb版
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

PAGE TOP