コラム

芝田千絵のアートライフ Vol.5

 いよいよ本格的な夏の到来です。澄んだ青空に強い日差し、全てが色鮮やかに写しだされる季節。夏の色といえば、空や海などの雄大な自然をイメージさせるブルーではないでしょうか。
 青には集中力を高め、視覚的に副交感神経に作用し興奮を鎮める力があります。
 青といっても水色から藍色、紺色までさまざまで、フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」や「牛乳を注ぐ女」で見られる鮮やかな青は、フェルメールブルーと呼ばれています。用いられた絵の具は、宝石の一種であるラピスラズリを原料とし、海路で運ばれたため「海を越える青」という意味でウルトラマリン、日本では瑠璃色とも呼ばれました。ローマ時代から高貴な地位の象徴とされた、かすかに紫みを帯びた濃い青は、英国王室が用いる色として有名なロイヤルブルーです。青は世界的に見ても好感度が高く、一番人気がある色なのかもしれません。
 春夏秋冬の四季を味わう日本だからこそ、風鈴や金魚、浴衣、すだれなど、五感で楽しむ夏の涼がたくさんあります。アートも五感で感じ、視覚から涼を取り、暑い夏を乗り切りましょう。

芝田千絵さん 芝田千絵 画家/グラフィックデザイナー
1985年東京生まれ。
2010年東京藝術大学を卒業し、12年同大学大学院修士課程を修了。
直線や曲線、幾何学模様と動物や熱帯魚などの組み合わせから非日常の世界を表現。アクリルガッシュで描き、マットで風合いのある表現が特徴である。
HP: chieshibata.com

 

関連記事

  1. 「幸せな人生」に必要な たった1つの言葉(メ ッセージ)④
  2. 1%の力が人生を変えた本当にあった話
  3. おふくろの料理教室 おふくろの料理教室 食欲の秋。旬の食材で料理を楽しみましょう!
  4. 元新聞記者が会った昭和の偉人たち アーウー宰相・大平正芳
  5. 命涯りあり知は涯りなし 命涯(かぎ)りあり知は涯りなし⑭
  6. 若若&噛む噛む健康レシピ|しめじと玉ねぎと 豆苗のバター炒め 野…
  7. 健康レシピ 若若&噛む噛む健康レシピ|かんたん呉汁 水煮大豆炒め やわらかジ…
  8. おふくろの料理教室 おふくろの料理教室 同じころに旬を迎える筍とわかめを組み合わせた…
ゴールデンライフ送付希望の方
ゴールデンライフの配布場所
読者プレゼント応募方法
脳活ドリル応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 暖簾越し お江戸の風景
PAGE TOP