コラム

PHOTOスケッチ48

迎賓館赤坂離宮

 四ツ谷駅から歩くこと数分。ネオバロック様式の白亜の西洋風宮殿が見えてくる。明治42年(1909年)、東宮御所(後の赤坂離宮)として建設された迎賓館だ。明治維新後の近代国家成長の象徴として、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、建築家・片山東熊の総指揮のもと建設された。
 戦後、国に移管された後は、国立国会図書館や東京オリンピック組織委員会など、国会および行政機関に使用されたこともある。
 国際関係が緊密化して外国の賓客を迎えることが多くなり、新たな迎賓施設が必要とされる中、赤坂離宮を改修する政府内方針を受けて昭和49年(1974年)に迎賓館として開館した。2016年4月からは一般公開されており、一年を通して見学可能だ。
 しかし、もし国会図書館時代に訪れていたら……と想像すると、豪華絢爛な室内に恐らく読書には集中できなかったのでは、と思う。

木村 弘好さん木村 弘好 きむらひろよし/フォトグラファー
1963(昭和38)年北海道帯広市生まれ。
(株)エーススタジオを経て(有)活写真事務所にて森山活氏に師事。
1994年〜木村写真事務所設立、フリーランスに。デジタル写真から絵をおこす「photoEny」は、メニュー・パンフレット・会社案内などに使用されている。

 

関連記事

  1. 若若&噛む噛む健康レシピ|しめじと玉ねぎと 豆苗のバター炒め 野…
  2. モノとこころの整理術 老いへの「ケジメ」③
  3. 白身魚の王様と山菜の王者 FAX MARKET 店長おすすめお取り寄せ 体においしいうれし…
  4. 【新連載】水前寺清子の人生いつからでも花ひらく
  5. 「幸せな人生」に必要な たった1つの言葉(メ ッセージ)③
  6. 野球をオリンピックに呼び込んだ男 オリンピックに野球を呼び込んだ男~アイク生原の生涯⑥
  7. 芝田千絵のアートライフ vol.2
  8. 元新聞記者が会った昭和の偉人たち 「東洋の魔女」の応援団長・淡島…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 千葉県大多喜町
  2. 都内の名処
  3. ゴールデンライフ2020年3月号
  4. 輝く人 渡辺謙さん
PAGE TOP