健康・お金・生活

ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!

「いきいきビクス」を考案した左海裕子先生にご登場いただき、ヘルシーエイジングのための健康体操を紹介します。
今月も左海先生と一緒に、毎日を健やかにいきいきと過ごしましょう!

 足腰が弱ってしまうと、姿勢が悪くなって一気に年を取ったような印象を与えてしまいます。そこで今回は、強い足をつくる上で欠かせない、太ももの裏側の筋肉ストレッチをレクチャーします。
 歩く時に使う主な筋肉は太ももの裏側で、これらは太もも全体を支えている筋肉であり、膝へとつながる筋肉でもあります。太ももの筋肉が疲れたと感じたときは、ぜひこのストレッチをやってみてください。太ももを柔らかくしてあげると、血行が良くなってむくみも解消されますよ。

ステップ1

ステップ2

左海 裕子(さかいひろこ)
健康医学博士。長年、ミュージカル女優として数々のショーステージの世界で活躍。ダンススクールの主宰やイベント・舞台等の企画・演出などを手掛けるほか、運動生理学、エアロビクス理論を学び、2003年にいきいきビクスを考案。介護・福祉施設を中心に指導に当たっている。2011年に東久邇宮文化褒賞を受章。2014年には社会文化功労賞を受章するほか、米国の国際学士院大学より健康医学博士として認められる。

 

関連記事

  1. 在宅介護の限界とは 増えゆく認知症 在宅介護の限界とは?
  2. サクセスフル・エイジングへの道 成功加齢のためのQ&A⑦サクセスフル・ エイジングへの道
  3. ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  4. 老老介護が増えるなか防ぎたい認認介護 老老介護が増えるなか防ぎたい認認介護
  5. 「むせる」ようになってきたら要注意!交通事故よりも多いシニアの誤…
  6. 制度の見直しで助成が受けられなくなる!?介護保険を利用した住宅リ…
  7. 健康寿命を縮める 「サルコペニア肥満」とは? メタボは危険信号! ?健康寿命を縮める「サルコペニア肥満」とは?…
  8. 【新連載】健康長寿のカギは「フレイル」予防 ①
ゴールデンライフ送付希望の方
ゴールデンライフの配布場所
読者プレゼント応募方法
脳活ドリル応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

PAGE TOP