健康・お金・生活

知っていおきたいサードライフの住まい 「最新米国CCRC視察・研究ツアー」から学ぶ⑧

生涯活躍のまち(日本版CCRC)構想の実現に向けて資産として購入する都市型CCRC

米国で普及している高齢者住宅「CCRC」の取り組みは、日本でも始まっています。
今号は、米・バージニア州にある資産として購入するタイプの都市型CCRCを紹介します。

CCRCの実現には社会的イノベーションが必要

2003年、我が国は、将来の医療介護のかたちとして「地域包括ケアシステムの構築」という政策を発表しました。2014年からは地方の経済再生と人口減少対策として「生涯活躍のまち(日本版CCRC)構想」という施策を進めており、「地域包括ケア」と「日本版CCRC」の密接な連携の必要性が強調されています。しかし地域包括ケアシステムは、目標達成年度である2025年まであと9年となり、構想が進行しないジレンマがあります。
経営の神様とよばれるピーター・ドラッカーは、2002年に書いたネクスト・ソサエティの冒頭で、「日本の読者へ」という題でこう述べています。「日本では誰もが経済の話をする。
だが、日本にとって最大の問題点は社会の方である。(中略)日本の社会的な制度、政策、慣行は1990年ころまでは有効に機能した。だがもはや満足に機能しているものは一つもない。
社会的イノベーションが求められている」。 日本版CCRCと地域包括ケアシステムを実現するためには、現状の制度や慣行の延長ではなく、社会的イノベーションが不可欠です。そのためにも、「先に起こった未来」といえる米国CCRCの研究をさらに進めていく意義は大きいと考えます。

資産として購入できる都市型CCRCも

70_seikatu05-0170_seikatu05-0270_seikatu05-03

今回は、都市型CCRC「ジェファーソン」を紹介します。ジェファーソンは1981年、首都ワシントンDCのベッドタウンであるバージニア州アーリントンの地下鉄駅直近に開発されました。
建物の玄関入口(写真1参照)を挟んで、向かって左側に自立型住まい325室があり(写真2参照)、右側にケアセンター、その1階に自立支援のためのプール付きフィットネスセンターがあります(写真3参照)。そして、継続したサービスとケアを提供する支援型住まい38室、介護型住まい31室、認知症型住まい19室があり、合計で413室のCCRCです。
ケアセンターの経営は、米国最大のCCRC開発運営会社であるサンライズ・シニアリビング社(Sunrise Senior Living 以下サンライズ社と略す)が行っています。
自立型住まいはCCRCとしては特別なタイプで、入居者が資産として購入する分譲マンションとなっています。分譲マンションの運営とマーケティングは、サンライズ社が入居者と委託契約して行っています。
70_seikatu05-04サンライズ社の沿革は興味深く、現在の会長兼CEOのクラッセン氏とその夫人が、1981年に首都ワシントンに隣接するバージニア州の一軒家を改修して始めたサンライズホームが始まりです。同社は一貫して入居者中心主義に基づき、シニアの生活の質向上をめざして発展してきました。そのサービス理念は「自立の促進」、「自由な選択」、「尊厳の保護」、「個性の尊重」、「家族や友達との関わり」を重視することです。この理念に基づき、入居者がホームに順応するのではなく、ホームやスタッフが入居者一人ひとりのニーズに合わせていくサービスを構築しています。
サンライズ社がジェファーソンCCRCで提供しているサービス・プログラムは実に多様です。自立を支えるために、礼拝、映画上映、美術館のツアー、内部コンサート、ウオーキングツアー、ヨガ、ダンス、トランプ(ポーカー、ブリッジ)、水中エアロビクスなどを提供、さまざまな趣味活動を行うカルチャールーム(写真4参照)は2階に3室あります。
病気で入院しリハビリテーションが必要になったときは、早期に退院してジェファーソンでリハビリを受けることができます。そして介護型住まいでは、24時間の介護が提供されます。
米国では、サンライズ社のようなCCRC開発運営事業者が多種多様にあり、それぞれが経営について特色とノウハウを持っています。日本版CCRCを実現していくためには、それらを研究していく価値は大きいと考えます。

NPO法人高齢者健康コミュニティ理事長 窪田昌行(くぼたまさゆき)NPO法人高齢者健康コミュニティ理事長
窪田昌行(くぼたまさゆき)
 

 

関連記事

  1. かけがえのない時間を 笑顔で過ごすために 一期一会の精神で一緒に悩み考える かけがえのない時間を笑顔で過ご…
  2. 利用することで生活が安全かつ容易に やはり頼りになる介護用ベッド…
  3. 2025年問題を考える 超高齢化社会の到来2025年問題を考える
  4. お口の体操でオーラル・フレイルを防ぐ 健康長寿のカギは「フレイル…
  5. 知っておきたい老年期のうつ 放っておくと認知症に移行しやすい? !知っておきたい老年期の「う…
  6. 脳血管性認知症 生活習慣の改善で予防したい脳血管性認知症
  7. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【73】親族への給与…
  8. 負担割合の引き上げ 必要な介護サービスが受けられなくなる?!負担割合の引き上げ
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 輝く人 渡辺謙さん
  2. ゴールデンライフ2020年3月号
PAGE TOP