コラム

PHOTOスケッチ44

333匹の鯉のぼり

端午の節句といえば五月人形に兜飾り、そして屋根より高い鯉のぼりが定番だが、近年はマンションなどの住宅事情もあり、個人宅であげている様子を目にすることが少なくなった。
その代わり最近は、各地のイベントで見かけるようになった。東京タワーを見上げるように高さ333メートルにちなみ、333匹の鯉のぼりが青空のなかを泳ぐ光景は実に圧巻で素晴らしい。
2011年からは、毎年秋に行われる「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」を通じて、友好関係にある岩手県大船渡市へ東日本大震災復興の応援とメッセージをこめて全長6メートルの「さんまのぼり」をあげ、1匹だけ違う魚がいることで話題になった。ところで4月、熊本方面でも言葉を失うほどの大地震が起きた。余震は今もなお続いている。この地震で犠牲になられた方のご冥福をお祈りすると共に、一日も早く安心して落ち着いた生活が迎えられるよう復興を願うばかりだ。

木村 弘好さん木村 弘好 きむらひろよし/フォトグラファー
1963(昭和38)年北海道帯広市生まれ。
(株)エーススタジオを経て(有)活写真事務所にて森山活氏に師事。
1994年〜木村写真事務所設立、フリーランスに。
デジタル写真から絵をおこす「photoEny」は、メニュー・パンフレット・会社案内などに使用されている。

関連記事

  1. おふくろの料理教室 おふくろの料理教室 同じころに旬を迎える筍とわかめを組み合わせた…
  2. 【最終回】 モノとこころの整理術 老いへの「ケジメ」
  3. 人情で生かされた私の半生【5】
  4. 命涯りあり知は涯りなし 命涯(かぎ)りあり知は涯りなし⑨
  5. そば粉のガレット 心と心をつなぐ・おやつ⑤
  6. おふくろの料理教室 おふくろの料理教室 道具いらずで簡単に作れる包丁を使わない2品に…
  7. 禁断の江戸史
  8. 野球をオリンピックに呼び込んだ男 オリンピックに野球を呼び込んだ男~アイク生原の生涯⑥
ゴールデンライフ送付希望の方
ゴールデンライフの配布場所
読者プレゼント応募方法
脳活ドリル応募申込
脳活ドリルWeb版
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. エネルギーは創って貯めて 自家消費する時代へ
  2. 都内の名処
  3. 輝く人 宇崎竜童さん
  4. 輝く人 大場久美子さん
PAGE TOP