健康・お金・生活

100歳まで体が自由に動く「自分で治せる!腰痛解消メニュー」

固い棒は曲げるのに苦労し、無理やり曲げれば折れてしまいます。
一方、やわらかな棒は曲げるのも簡単で、力を加えてもしなやかに受け流します。
筋肉や関節も同じで、やわらかさを保つことが大切です。

固くなった筋肉や関節をときほぐす

かがむ、反らす、ひねるといった多様な動きをする腰の筋肉には、やわらかさが欠かせません。筋肉がやわらかであれば、さまざまな動きが無理なくできます。また、筋肉が硬くなると血液が流れにくくなり、疲労物質である「乳酸」や痛みを起こす物質がスムーズに排出されにくくなります。すると、腰に痛みが起こったり、疲労感がなかなか抜けなくなってしまうのです。
加えて、太ももの筋肉をやわらかく保つことも重要です。腰を曲げる動作の場合、太ももの裏側の筋肉が伸びると、骨盤が傾いて腰と一体になって曲がります。裏側の筋肉が伸びなければ、腰だけで体を曲げることになり、腰への負担が増してしまいます。さらに股関節が硬くなっていると、腰にダメージがおよんで痛みが起こってしまうことも……。ストレッチで足腰の筋肉や関節をやわらかく保てば、疲れや衝撃に強くなり、不調も生じにくくなります。
なお、腰痛には「前へ曲げると痛い」タイプと「後ろへ反らすと痛い」タイプがあります。体操やストレッチを行う際、前者は前に曲げる姿勢を、後者は後ろへ反らす姿勢をとるのを避けましょう。無理して伸ばさず、気持ち良さを感じる程度でとどめるのも、ストレッチのコツです。

68_kennko02

68_kennko03周東 寛(しゅうとうひろし)
南越谷健身会クリニック院長、医学博士。
2003年に南越谷健身会クリニックを開業し、予防医学に尽力。著書に『健康に長生きしたければ1日1曲歌いなさい』『ヘモグロビンA1cを下げて糖尿病を治すカンタン療法』など多数。
南越谷健身会クリニック: http://www.medical-kenshinkai.com/

 

関連記事

  1. 施設で活躍する機能訓練指導員とは 介護保険法によって定められている仕事 施設で活躍する 機能訓練指…
  2. 健康長寿のカギは「フレイル」予防⑤
  3. オレオレ詐欺はここまで進化した!「特殊詐欺」を 未然に防ぐ方法
  4. 知っておきたい介護の仕事 「看取り介護」は特別ではない
  5. ご入居者の笑顔と生きる活力を生み出す「機能訓練指導員」とは?
  6. 日本版CCRCは シニアの理想郷となるか? 実現へ向けての課題②…
  7. 増え続ける認知症に追いつかない介護の手 どうなる?少子高齢化・長寿化する日本増え続ける認知症に追いつかな…
  8. 悩みや不安は経験した人にしかわからないご家族とともに介護の悩みを…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 認知症ケアにも対応介護付き有料老人ホーム
  2. 終活は家族で共有しましょう
PAGE TOP