大殿筋を鍛えて 足への負担を軽減!

健康と美容

 外出や運動時、すぐに足が疲れてきませんか?それはお尻の筋肉を使えていないからかもしれません。大殿筋はお尻の表層の筋肉で、歩行や階段を上る時などあらゆる場面で使われる、身体の中のとくに大きな筋肉の一つです。大殿筋を適切に使うことができれば足への負担が軽減し、疲れにくくなります。また、お尻の筋肉量が増えると基礎代謝がアップするため痩せやすくなるというメリットもあります。大殿筋を正しく使うためには、お尻の柔軟性を保ち、股関節の可動域を広げることがポイントです。お尻と股関節まわりの運動で、疲れにくく痩せやすい身体を目指しましょう!
ワールドウィング新潟では初動負荷トレーニングⓇマシンを使用した、より効果的な運動をご提案しています。ぜひお試しください。

代謝アップとパフォーマンス向上に! ~お尻の運動

うつ伏せの姿勢であごの下に両手を重ね、両脚のつま先を立てます。
片脚の膝(ひざ)を軽く曲げ、脚の付け根から引き上げます。
最大まで上げたら、膝の角度は変えずに下ろします。反対の脚も同様にします。

①〜③を10回程度続けて行いましょう!
この運動では、お尻の中でもっとも大きな筋肉である大殿筋(だいでんきん)を動かします。大殿筋を鍛えることで、歩行やスポーツのパフォーマンスが向上したり、基礎代謝が促進されて痩せやすくなるなどのメリットがあります。

清水萌子(しみずもえこ)
㈱AIプランニング
ワールドウィング新潟 コーチングスタッフ

 

関連記事

TOP