認知症、寝たきり、孤立を防ぐ 日帰りで受ける 「デイサービス」とは?

暮らし

デイサービスとは?

介護が必要になった際、利用する機会が多いのが「デイサービス」です。要介護認定を受けた方が可能な限り在宅で暮らせるようにサポートするための介護保険サービスで、別名「通所介護」といいます。サービスを提供するデイサービスセンターなどの福祉施設が、ご利用者を自宅まで送迎し、日常生活に必要な食事や入浴などの介護サービスを日帰りで提供します。
また、ご利用者の心身機能の維持・向上を目指して機能訓練を行ったり、自宅にこもりきりの孤立感の解消や、ご家族の身体的・精神的負担の軽減を図ったりすることなどもデイサービスの目的となっています。
デイサービスの利用対象者は要介護1~5の認定を受けた方です。
自己負担額は利用料金の原則1割ですが、65歳以上で現役世代並みに所得がある方は2割または3割が自己負担額となります。
具体的な利用料金は、要介護度や利用時間、デイサービスの種類、施設の所在地等により異なります。食事やおやつの代金など介護保険の給付対象外のサービスは全額自己負担となります。送迎料金は利用料に原則含まれています。
【サービス内容】
●送迎
●入浴介助
●食事介助
●口腔ケア
●排泄介助
●レクリエーション
●機能訓練(集団体操)

デイサービスのメリット

誰しも高齢になり社会的な役割が薄くなるにつれて、自宅へ引きこもることが多くなりがちです。外出をせずに刺激の少ない生活をおくることは、認知症状を引き起こす大きな要因になります。また、活動量も減ることで筋力が弱まり、寝たきりとなる可能性も高まります。認知症や寝たきりを予防するためにも、少しでも外へ出掛けて人とふれあい、少しずつでも体を動かすことが必要です。
デイサービスでは、ご利用者が楽しく通えるように、施設ごとにさまざまなプログラムを用意しています。季節に応じて外出するレクリエーションをはじめ、カラオケやゲームを楽しめるデイサービスもあります。人とふれ合うことで閉じこもりや孤立を防ぐことにつながり、生活にも張り合いが出てきます。介護するご家族にとっても、利用している間は介護から解放されるので気分転換になり、介護を長続きさせるためにも、とても重要な役目を果たしています。

まずは1日体験から

私が勤務している「デイサービスセンター松明」では、ご利用の方のほとんどが要介護認定を受けていますが、最初は「まだ行く必要ない」「年寄りみたいで嫌だわ」とおっしゃる方が多くいらっしゃいます。しかし、デイサービスの1日体験をご利用されると、皆さま継続されていらっしゃいます。
当施設のある1日をご紹介しましょう。

デイサービスセンター松明の特徴は、アットホームな雰囲気でゆったりと過ごせる環境です。また、3~4時間や7~8時間など、ご希望に応じた時間帯のご利用が可能なことです。入浴のみをご希望の方、交流目的の方、気分転換をご希望の方など、皆さまのご利用目的に合わせて生活相談員がご提案させていただきます。
例えば、コロナ禍ということもあり外出の機会が減っているなか、喫茶店へ行った気分を味わっていただこうと、メニューからお飲み物をお選びいただき、地元の銘菓などと一緒に提供しています。また、季節に合わせておやつ作りを楽しんでいただいたり、ときには屋外機能訓練で近くの公園を散策したりしています。
デイサービスは施設ごとに特徴やサービス内容が異なります。実際に施設見学や1日体験をして、ご自身にあったサービスを利用されることをおすすめします。
まずは担当のケアマネジャーに希望を伝えて相談してみましょう。

髙橋由里子(たかはしゆりこ)
㈱東日本福祉経営サービス
ショートステイ松明 センター長

 

関連記事

TOP