「古典ヨガ」で 腰痛にならない身体を目指す

インタビュー

脊椎分離症の内視鏡手術を世界に先駆けて成功させ、
アスリートの腰痛治療の第一人者としても知られる名医・西良浩一先生。
数あるヨガ流派の源流とされる「古典ヨガ」の教えを、
寺社で行う「テラヨガ」教室などを通じて発信し続ける佐々木沙皇先生。
今月は、お二人の対談からスポーツ医学にも取り入れられているヨガが持つ可能性を探ります。

佐々木沙皇(ささきさお)
ヨガ講師、NPO法人VYS YOGIメンバー。
同団体が主催するテラヨガにて、都内複数の寺社で講師を担当。また、オンラインヨガ・朝チャレンジも担当。
企業やホテル、学校などでもヨガクラスを開催。

西良浩一(さいりょうこういち)
徳島大学運動機能外科学教授、整形外科医。
腰痛に謎はないをモットーとする腰痛治療の第一人者。国際低侵襲脊椎外科学会WCMISST 2021年会長。
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」などに出演。

「古典ヨガ」ってなに?

【西良】徳島大学の医学部に通っていた学生時代に、地元のカルチャースクールでヨガを習ったことがあります。もともと体操部に所属していたから身体がやわらかかったんです。講師の先生に、姿勢や動きを褒められましたよ。ヨガのポーズは、正式には「アサナ」って言うんでしたっけ?
【佐々木】さすが先生、よくご存じですね。そうです、アサナと言います。皆さん「ヨガ」と聞くと、ヨガマットの上でポーズをとるイメージがあると思いますが、シニアの方には難しいポーズもありますよね。「歩く」「座る」「横になる」といった基本的な日常生活動作ができることがまずは大切ですが、アサナを通していろいろな効能を受け取ることができます。
【西良】「古典ヨガ」って、「ハタヨガ」とか「アシュタンヨガ」とは違うんですか?
【佐々木】現在、数多くの流派や「〇〇ヨガ」がありますが、それらに分岐する前の、5000年以上も前から伝わるヨガの源流をわかりやすく「古典ヨガ」と呼んでいます。
【西良】ヨガのルーツなんですね。
【佐々木】そうですね。本来、ヨガはヨガスタジオの中でアサナをとることだけを目指しているものではなく、自分自身との対話です。ヨガを通じて、これまで気付かなかった癖に気付けます。「身体は本来こう動くんだ」といった気付きと、そこからくる気持ち良さから、健康な心身を取り戻すことができるのです。
【西良】日常の動きや癖、座り姿勢や立ち姿勢、モノを拾う動作もそうですよね。私は多くのスポーツ選手を看てきましたが、例えば野球のピッチャーで、右投手は腰椎関節の左部位が大きくなり、左投手は腰椎関節の右部位が大きくなる傾向があります。プロで活躍する選手の中には、右で投げた後に、左で投げることを練習するそうです。トップアスリートが、体の左右のバランスを意識しているのがわかりますね。

しなやかな身体とマインドを

【佐々木】実は、私もヨガに出会う前は腰痛持ちでした。身体を動かすのが好きで運動はしていましたが、自分が使えるところ、動くところしか使っていなかったんです。
【西良】多くの人が誤解していますが、腰は本来、動かしてはいけない関節なんです。胸椎を意識して上手く動かすことで、腰の負担を減らすことができます。
【佐々木】私はそれをヨガで気付かせてもらいました。ヨガを始める前の私は、前屈や後屈をするときにおもに腰を使っていましたが、そのときは腰を使っているという視点はありませんでした。
【西良】実は胸椎って、すごく動くんですよ。私も知ったのは6年くらい前。学生時代からずっと「胸椎には肋骨があるから動かない」と教わってきましたから。教えてくれたのはスポーツ医学のトレーナーさんです。
【佐々木】ヨガでは「気付きのないところに気付きを持つ」と言います。私はそれで胸椎の硬さだけでなく、考え方も硬いことに気付き、身体も考え方もすごく楽になりました。
【西良】腰痛患者さんへのリハビリ提案として、かつては「腹筋」「背筋」の強化が当たり前の時代がありました。「筋肉で腰を固める」という考え方です。でも、いまは「モビリティファースト」「スタビリティネクスト」といって、関節の可動性が第一とされています。腰を動かさないためには全身をしなやかにすること。全身がしなやかになれば、腰はサボれるんです。でも胸郭や胸椎は、普通の運動ではなかなかやわらかくならない。そこでヨガが注目されているんです。
【佐々木】テラヨガのクラスにも腰痛で悩む生徒さんが多くいらっしゃいます。腰は動かしやすいから、ついつい酷使して痛めてしまい、腰痛をカバーするために例えば、首や膝といったまた別の気付きを持ちやすい場所ばかりを使うという悪循環をうみます。自分が正しいと思っていた身体の使い方が、もしかしたら腰痛をうんでいる原因かも、と気付けば改善につながります。今月からスタートする連載を通じて、腰痛改善をはじめ、全身の循環を良くするきっかけにしてもらえれば嬉しいです。
【西良】腰痛改善のために重要な「モビリティ=可動性」という点で、ヨガは最適だと思います。アメリカでは当然のようにリハビリでヨガが取り入れられています。
【佐々木】ヨガと聞くと「身体が硬いから無理」「年だからできない」と始める前から思う方もいらっしゃいますが、そんな先入観は捨てて、まずはできることから始めてみてください。いまの自分を知って行動することが「古典ヨガ」の第一歩です。さあ、一緒に始めましょう。
 

関連記事

TOP