初めてでも簡単 斎藤陽子のお花のアレンジ入門⑧写真やポストカードを入れて飾れるアイアンフレームのアーティフィシャルフラワー・アレンジ

暮らし

春を告げる花「ミモザ」を贈る

イタリアでは3月8日を「ミモザの日」といいミモザの花を贈る習慣があるそうです。
今月は、春を感じる花材で作るフレームアレンジを紹介します。

今月のアレンジのポイント

黄色く小さな丸い花が集まったミモザを中心に、ラベンダーなどの花材でミニブーケを4つ作ったあと、それをアイアンフレームの四方にバランスよく留めていきます。

●作り方を教えてくれたのは
オラン.ジュ 代表 齋藤陽子(さいとうようこ)
ブライダルをはじめ、某携帯電話のテレビCMや、映画、ドラマの花の装飾を多数担当。1998年よりフラワーアレンジメント教室を中野・足立・朝霞・国分寺・府中(東京)などで開催中。

楽しく手先を動かして脳を元気に!

多くの人が、お花にふれることで癒された経験をお持ちでしょう。定期的にフラワーアレンジメントを楽しむことで、認知機能の維持改善が認められた研究結果もあるほどです。花材をパズルのように組み合わせて、美しく見えるバランスを「考えながら」手を動かすフラワーアレンジメントは、ストレス解消と脳トレにおすすめです。
 

関連記事

TOP