心わくわく脳イキイキ!趣味・学び④書く

暮らし

脳を刺激する、さまざまな趣味・学びを毎月紹介します。「何を始めたらいいかわからない」方も、まずはゴールデンライフでお試し。
自分にピッタリの趣味・学びを見つけましょう!

本気で綺麗な字になるための美文字練習帳

字は、ほんの少し意識を変えて書くだけで、うんと綺麗に書けるようになります。
「郁春メソッド」で書写技能検定の資格取得をバックアップ!

このページをコピーして、お手持ちの筆記用具(ボールペン、サインペン、万年筆、鉛筆など)でお楽しみください。

漢字を美しく書く基本ポイント

●ポイント1
書き始めにグッと力を入れて打ち込みをし、手首の回転を利用してスッと右上がりに書く。

●ポイント2
線は直線ばかりではなく、反らせたり、伏せたりする線があることを意識する。

●ポイント3
左右対称の字は枠に対して余白の広さもそろえて書く。

楷書で横書き文を美しく書くポイント

●ポイント1
漢字よりひらがな、カタカナ、英数字はやや小さめに書く。

●ポイント2
ノートや便箋は、下の罫線の少し上にそろえて書くと美しい。

●ポイント3
書写技能検定は、本書の罫線の内側に収まる大きさで行の中央に文字をそろえて書き、各行の前後の余白を合わせる。

行書で縦書き文を美しく書くポイント

●ポイント1
ひらがなは、漢字よりやや小さめに書く。

●ポイント2
ひらがなを連綿(れんめん)で(続けて)書く時は、3、4文字くらいにとどめ、下の字をほんの少し右にずらす。

●ポイント3
上の字からなめらかに下の字へつなげ、下の字はその流れを受け止めてから書く。

「本気で綺麗な字になるための美文字練習帳」に掲載されているお手本のサイズは、書写技能検定1、2級に合わせてあります。同サイズの練習用紙が著者ホームページからダウンロードできます。

【書写技能検定】
日本で唯一、文部科学省の後援で硬筆・毛筆に関する技術と知識を審査する書写技能検定試験。年3回、全国的な規模で実施。資格として履歴書に明記できるほか、1級合格者を対象に指導者証が交付され、ペン字教室・書道塾の開設等に利用できます。

【著者プロフィール】 
早矢仕郁春(はやしゆうしゅん)
文部科学省認定【書写技能基礎講座】において文部科学大臣賞受賞。文部科学省後援【書写技能検定】硬筆・毛筆一級(最高位)合格。【産経国際書展】(会友)、【読売書法展】(仮名部門)などにおいて、入選入賞多数。
https://yushun-bimoji.com/
   

本気で綺麗な字になるための美文字練習帳
著者:早矢仕郁春(はやしゆうしゅん)
発行:知道出版
価格:1,100円(税込)
文部科学大臣賞受賞の早矢仕郁春先生による正しく美しい字のお手本で、基本から上級レベルまで段階的に学べ、書写技能検定で資格が取れるレベルまで上達を目指せる教本。「手と目と脳にインプットとアウトプットを繰り返す」郁春メソッド独自の練習法が詰まっています。楷書、行書、英数字、横書き、縦書き、筆ペンのコツまですべて学べる1冊。

関連記事

TOP