アスリートフードマイスターnanakoの筋力&活力 アップレシピ

レシピ

ゴールデンライフ世代に不足しがちな「たんぱく質」。年を重ねると利用効率が落ちてくる「たんぱく質」は、実は若いときよりも必要になってくる栄養素です。アスリートフードマイスター・nanakoさんに、たんぱく質がしっかりとれて、元気と力がみなぎるレシピを教えていただきます。

ワンプレーとで牛トマト煮込み

肉と野菜を香ばしく炒めてからトマトで煮込みます。しめじを入れることでボリュームもアップ!牛肉の旨味とトマトの酸味が食欲をそそり、ご飯にもパンにも合う簡単メニューです。

材料:2人分

【調理時間】約30分
牛細切れ肉・・・・・・・・・・・・・・・・約200g
しめじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2株
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
カットトマト缶・・・・・・・・・・・・1缶(400g)
バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20g

 
 
 
 
【A】※分量は目安です。
お好みにより調整してください。
醤油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
コンソメ・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1と1/2
はちみつ・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ひとつまみ
【盛り付け用】
パセリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・好みで

作り方

  1. フライパンにバター10gを入れて中火で溶かし、牛肉としめじを入れて炒めます。牛肉に少し焼き目がついたら、いったんお皿に取り出しておきます。
  2. 同じフライパンでバター1 0 gを中火で溶かし、玉ねぎを入れてきつね色になるまで炒めます。
  3. 2のフライパンに、取り出しておいた1を戻して一緒に軽く炒め、カットトマト缶を加えます。
  4. さらに、味をみながら【A】の調味料をお好みの分量加えた後、弱火にして約15~20分煮込みます(ふたはせず、時々かき混ぜながら)。
  5. 最後に、お好みでパセリをかけたら完成です。

【ワンポイントアドバイス】
ご飯やサラダと一緒にワンプレートで盛り付けると見栄えが良く、洗い物も減るのでおすすめです。


牛肉は必須アミノ酸をバランスよく、かつ多く含んでいる良質なたんぱく源です。とくに赤身にはトリプトファンという必須アミノ酸が多く含まれています。トリプトファンから作られるセロトニンは「幸せホルモン」ともよばれ、ストレスを軽減する効果が期待されます。


水煮したトマトを缶に詰めたもので、トマトが丸のまま入っている「ホールトマト缶」と、カットされている「カットトマト缶」があります。サラダで食べる生食用トマトとは違う加工用トマトで作られています。抗酸化作用が強いことで知られる「リコピン」は、生食用トマトよりも加工用トマトに多く含まれ、油と一緒に摂ると体内への吸収率がアップします。

アスリートフードマイスターnanako
佐賀県嬉野市出身。プロテニスプレイヤーの夫・守谷(もりたに)総一郎選手の食事をサポートすべく、アスリートフードマイスターの資格を取得。簡単かつ栄養満点をテーマに日々の食卓をインスタグラムで発信中。
(@_mogumogu.kitchen_)

「勉強用と記録用に」と開設したインスタグラムが人気上昇中!
https://www.instagram.com/_mogumogu.kitchen_/

関連記事

TOP