杖・車いす旅の伝道師猪狩ともかの車いすJourney(ジャーニー)宿泊編

旅・生き方

宿泊編

シニア世代の旅の醍醐味=美味しい料理、心地よい湯、安らぎの時間…楽しみのひとつでもあり、不安要因のひとつでもあるのが宿泊施設ですそこで今号では猪狩ともかさんが利用者目線で検証したおすすめの宿泊施設を厳選してご紹介します

ユニバーサルルーム利用でより快適な旅を約束!

 ユニバーサルルームを設置するホテルが増えています。ユニバーサルルームは「ユニバーサルデザイン」を基本とする部屋を意味し、高齢者や障がいの有無に関わらず、すべての人が快適なホテルライフを過ごせることが条件とされています。スロープ(傾斜のある床)や手すり、引戸のドアやベッドの可動、専用風呂などの設備を整えてあります。ただ提供するホテル側が「必要だろう」と想定する内容と、実際サービスを受ける利用者側との間に、意識に隔たりがあることもあるようです。そこで本誌での連載を通して行った取材旅を通して検証したおすすめの宿泊先をご紹介します。
ユニバーサルデザインの7原則
①誰にでも公平に利用できること
② 使用するうえで自由度が高いこと
③使い方が簡単ですぐわかること
④ 必要な情報がすぐに理解できること
⑤危険につながらないデザインであること
⑥ 無理な姿勢をとることなく、小さな力でも楽に使用できること
⑦ アクセスしやすいスペースと大きさを確保すること

※ソーシャルディスタンスを意識し、取材時はマスクを着け、撮影時のみ外しました。

南魚沼(新潟県)龍言 ryugon

新潟県南魚沼市坂戸1 −6
TEL 025-772-3470
https://ryugon.co.jp/

広大な敷地に広がる洗練されたリラックス空間

温泉御宿南魚沼のryugon は広大な敷地に六日町の豪農の館や武家屋敷が移築されたスタイリッシュで洗練された、おしゃれな和の佇まいで〝人生、一度は泊まってみたい〟という呼び声も高い宿です。

バリアフリー Point

① ゴンドラ利用で古民家作りの館内へ
大きな門を潜り、体験エリアを抜け、車いす専用ゴンドラに乗ると、古民家を利用した旅館内へ入れます

②長い外廊下で自然を満喫
内廊下だった外壁を全て取り払い、四季折々を感じることができる外廊下へと仕様変更。自然と一体化できると人気です。

③車いすでそのままバーへ
海外のリゾートホテルのような、ラウンジから繋がる大人が楽しめるバーエリア。導線が広いのも特徴です。

④有形文化財の建物で田舎体験
土間を利用して行われるクッキングワークショップなど、予約をすれば雪国の知恵がつまった郷土料理を教えてもらえるほか、かまどで炊いたご飯もいただけます。

⑤部屋から専用テラスへ
池と山を眺めながら、ゆっくりとしたプライベート時間が過ごせる専用テラスが完備されたお部屋が人気です。

河口湖(山梨県)富士 レークホテル

山梨県南都留郡富士河口湖町
船津1 番地 0555-72-2209
https://www.fujilake.co.jp/

お風呂に浸かりながら河口湖の美観を堪能

昭和7年創業の老舗宿=富士レークホテル。霊峰富士と河口湖畔の静寂に抱かれ、最高のリゾートで過ごす癒しの旅を約束してくれます。バリアフリーとユニバーサルデザインを採用した〝人に優しい〟ホテルです。

バリアフリー Point

①送迎用福祉車両でお出迎え
富士急行線河口湖駅まで福祉車両での送迎サービスがあります。玄関前スロープなど館内にはいたるところにスロープがあり、自由に車いす移動ができます。

②乗り降り簡単!リクライニングベット
頭・足・高さが調節できる長さ190㎝、幅120㎝と95㎝の2タイプのリクライニングベットが設置されています。また室内はフルフラット、内風呂やトイレには手すりがついており、介護者の負担を軽減してくれます。

③入浴介助用のリフトあり
河口湖を一望できるひろびろ窓が好評のレイクビュー貸切風呂。入り口から浴室、またトイレにも段差がなく、バリアフリーの入浴用リフト風呂が完備されています。

④食のユニバーサル
一口大やきざみ食、ミキサー食などの展開食の相談にのってもらえます。

⑤痒い所に手が届く貸出備品
貸し出し用車いすがあるのは言うまでもないですが、コロ付シャワーチェアから移乗台、浴槽用手すり、など「ここにこれがあれば」というものを貸し出しています。

米沢(山形県)小野川温泉 鈴の宿 登府屋旅館

山形県米沢市小野川町2493 番地
0238-32-2611
https://tofuya.jp/

車いすでもラクラク泊まれるバリアフリーの温泉宿

山形県米沢の奥座敷、小野川温泉のど真ん中に位置する登府屋旅館。バリアフリーの館内は杖や車いす利用の方でも安心です。源泉100%掛け流しの温泉と最高級A5ランクの米沢牛料理を楽しめます。

バリアフリー Point

①駐車場から車いすのまま館内へ
駐車場からスロープで玄関へまで行け、そのままエレベーターでお部屋への移動が可能です。

②人気!貸切風呂『廿四孝』(にじゅうしこう)
全身一気に浴びられるシャワー・ド・バスや、脱衣所のソファから浴槽まで続く緩やかな滑り台型のスロープは、介助しやすく家族との温泉タイムを満喫できます。

③家族でゆったり!バリアフリー特別室『三軒長屋』
車いすでもラクラク素敵に! を体現したこの部屋。車いすにちょうどよい高さのテーブルが設置されていたり、トイレや洗面台も広く作られています。

④より過ごしやすく滞在するためのアレンジ可能!
座卓をテーブルといすに変えたり、和室に可動式ベッドを置いたり、ご飯をお粥にしたり…。ちょっとしたアレンジでもっと過ごしやすく、快適な旅にする手伝いをしてくれます 。
⑤会食は、半個室風の会食場で
落ち着いた色合いの暖簾風の仕切りが、宿泊客同士のプライバシーを保ち、寛いでお食事ができ、新型コロナウィルス対策にもなります。

関連記事

TOP