脳活レシピにチャレンジ!ごぼうとミニトマトのはちみつマリネ

レシピ

つくって食べて脳を元気に!

ごぼうとミニトマトのはちみつマリネ

①ごぼう

食物繊維を多く含むので噛みごたえがある食材です。噛むことで脳の血流がよくなることがわかっています。

②バジル

香りのもとである精油成分「リナロール」には、リラックス効果や集中力を高める作用があるといわれています。

作り方

❶ごぼうは皮をそぎ、5㎝の長さにしたものを縦4等分に切り、弱火でやわらかくなるまでゆでた後、水気をしっかり切ります。
❷プチトマトは半分に切ります。
❸ボウルに【A】を混ぜ合わせ、そこに、ごぼうとプチトマトを加えて和えます。
❹粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やした後、器に盛ります。ちぎったバジルを添えれば完成です。簡単「ピクルス」なので、一度にたくさん作って毎日の食卓を彩る常備食におすすめです。

材料:2人分

サラダごぼう・・・・・・・100g
ミニトマト・・・・・・・・6個
【A】 オリーブ油・・・・大さじ1
はちみつ・・・・・大さじ1
酢・・・・・・・・大さじ1と1/2
塩・・・・・・・・少々
バジル・・・・・・適宜
※サラダごぼうは、若いごぼうを早めに収穫するので通常のごぼうより短く繊維質がやわらかいのが特徴です。

1人分:155kcal
塩分:0.4g
調理時間:30分

鈴木邦子さん 鈴木 邦子(すずき くにこ) 料理研究家。認知症予防の講師。 東京練馬野菜ぎょうざプロジェクト委員。 ホームページにて「体にやさしい健康料理レシピ」2000品以上を紹介、毎日更新中。料理教室食育講座、小学生&育メン&子育てママ講座講演会などを通して、食の大切さを楽しく明るく伝え続けている。著書「若若&噛む噛む健康レシピ 春夏秋冬」等 http://www5.plala.or.jp/ksunoffice/top.html

関連記事

TOP