背骨を柔軟にして おなかまわりをスッキリ!

健康と美容

 日々の運動習慣は私たちに多くのメリットをもたらします。機能の向上、爽快感、そして「もの忘れ防止」効果も期待できます。
また、年齢を重ねるにつれて筋力は自然と減少していきます。身体が衰えた状態をフレイルといい、そのまま放置すると、要介護状態へと進んでしまうこともあります。フレイル予防の観点からも、ご自身の体力に合わせて継続的に運動に取り組みましょう。
今回は、おなかまわりを引き締めるストレッチをご紹介します。日々のちょっとした隙間時間にぜひ運動をしてみましょう。
ワールドウィング新潟では初動負荷トレーニングⓇマシンを利用して、より効果的な運動が期待できます。ぜひお試しください。

おなかまわりを引き締める!~背骨の運動

足を腰幅に開き、両腕は体から少し離して手のひらを内側に向けます。
体を右側にねじります。このとき、かかとは床から離さずに行いましょう!
体を戻して、そのまま左側にねじります。顔と腕も力を抜いて連動させるのがポイントです。

①〜③を10回程度続けて行いましょう!
くびれをつくる「腹斜筋」、ペタンコおなかをつくる「腹膜筋」は背骨や肋骨につながっています。猫背や運動不足で背骨の動きが小さいと下腹が出たり、くびれがなくなったりする原因になります。まずは背骨を柔軟にすることが引き締まったおなかへの第一歩です。

清水萌子(しみずもえこ)
㈱AIプランニング
ワールドウィング新潟 コーチングスタッフ

 

関連記事

TOP