初めてでも簡単斎藤陽子のお花のアレンジ入門④長く飾って楽しめるアーティフィシャルフラワーの「クリスマス・スワッグ」を作ろう!

暮らし

長く飾って楽しめるアーティフィシャルフラワーの「クリスマス・スワッグ」を作ろう!

今月のアレンジのポイント

「スワッグ」は花や葉を束ねて作る壁飾りのこと。花や実は正面を向くように、壁にかける側は平らになるようにアレンジするのがポイントです。

●作り方を教えてくれたのは
オラン.ジュ 代表 齋藤陽子(さいとうようこ)
ブライダルをはじめ、某携帯電話のテレビCMや、映画、ドラマの花の装飾を多数担当。1998年よりフラワーアレンジメント教室を中野・足立・朝霞・国分寺・府中(東京)などで開催中。

ギフトに最適!「アーティフィシャルフラワー」

芸術性と耐久性が魅力のアーティフィシャルフラワーは、枯れずに長く楽しめるインテリアフラワーとして人気です。今月は、もみの木のようなパインリーフのアーティフィシャルフラワーと木の実を合わせたシックなデザイン。できあがった作品は男性や年配の方へのプレゼントにもおすすめです。

手先を使うと脳が元気になるって本当?

手を使っているときと、使ってないときの脳の血流量を調べた研究によると、手を使っているときは脳の血流量がおよそ10%アップしたそうです。大切なのは「考えながら」手を動かすこと。花材をパズルのように組み合わせて、より美しく見えるバランスを考えながら手先を動かすフラワーアレンジメントは、脳の活性化にはうってつけといえそうです。

関連記事

TOP