食のコラム ご先祖様にお供えする おはぎとぼたもち

コラム

 秋のお彼岸の季節です。お彼岸に、「おはぎ」や「ぼたもち」をご先祖様にお供えし食するようになったのは、古来から「赤」という色には、災難が降りかからないようにする魔除けの効果があるとされてきたことが理由のようです。
赤い小豆(あずき)は、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を象徴する米と組み合わせて祭事に用いられてきました。ちなみに、小豆と米を組み合わせた食べ物は、「おはぎ」や「ぼたもち」以外にも赤飯があります。
邪気を払い、先祖の霊を慰なぐさめるために、お彼岸に「おはぎ」や「ぼたもち」が捧さ さげられてきたのです。
農作業の始まる春の彼岸に「ぼたもち」を作り、収穫の時期に当たる秋の彼岸に「おはぎ」を作ることで、神様に感謝していたともいわれています。
作る季節に違いがある「おはぎ」と「ぼたもち」は、その季節の花の名前に由来しています。「ぼたもち」は江戸時代に春のお彼岸に食べられていたもので、当時は貴重だった砂糖に代わり、あんこは塩味で作られていましたが、江戸時代中期になると砂糖の入ったあんこが広まっていきました。
小豆を牡丹の花に見立てたことから、「ぼたんもち」とよばれていたものが、「ぼたもち」に変わったともいわれています。
一方の「おはぎ」は、秋のお彼岸に食べられていました。秋の七草の1つである萩の花と小豆の形状が似ているため、「おはぎもち」とよばれていたものが「おはぎ」に変わったとされています。
秋に収穫したばかりの小豆は皮が柔らかく、皮もそのまま潰して食べられるため、秋のおはぎには粒あんが使われていたようです。
来年こそは郷里でのお墓参りが安心してできるよう、いまはご先祖様に手を合わせるばかりです。

和田敏人(わだとしひと)
株式会社 アイ・フーズ
管理部 部長

 

関連記事

TOP