脳活レシピにチャレンジ!厚揚げとかぶのポン酢南蛮

レシピ

つくって食べて脳を元気に!

厚揚げとかぶのポン酢南蛮

①大豆

厚揚げの原料である大豆に含まれる「レシチン」は、脳の神経伝達物質を合成する際に欠かせない脂質の一種です。

②緑の葉物野菜

アメリカのある研究では、カブの葉などの葉物野菜にはビタミン類が多く含まれており、アミロイドβが脳に蓄積するのを防ぐ可能性が指摘されています。

作り方

❶【A】をボウルに混ぜ合わせておきます。
❷かぶは皮をむき、半分に切ってから薄切りにします。かぶの葉と軸は小口切りにしてから塩(分量外)で揉み、しんなりとしたら軽く絞って水気を切ります。
❸厚揚げは熱湯に軽く通して油抜きをしてから、食べやすい大きさに切ります。
❹オーブントースターにアルミホイルを敷き、③の厚揚げを並べて、表面がカリッとなるまで2〜3分ほど焼きます(加熱時間はオーブントースターにより異なります)。
❺厚揚げが熱いうちに①のボウルに入れて、②のかぶも加え、10分ほど漬けこみます。
❻器に、厚揚げ、かぶ、かぶの葉と軸を盛り付け、お好みで糸唐辛子をちらします。

材料:2人分

厚揚げ(絹)・・・・・・・1枚(200g)
かぶ・・・・・・・・・・・2個
かぶの葉と軸・・・・・・・2個分
糸唐辛子・・・・・・・・・少々(お好みで)
【A】
ポン酢しょうゆ・・・・・・大さじ3
アマニ油・・・・・・・・・小さじ2
砂糖・・・・・・・・・・・小さじ2

1人分:125kcal
塩分:0.8g
調理時間:30分

鈴木邦子さん 鈴木 邦子(すずき くにこ) 料理研究家。認知症予防の講師。 東京練馬野菜ぎょうざプロジェクト委員。 ホームページにて「体にやさしい健康料理レシピ」2000品以上を紹介、毎日更新中。料理教室食育講座、小学生&育メン&子育てママ講座講演会などを通して、食の大切さを楽しく明るく伝え続けている。著書「若若&噛む噛む健康レシピ 春夏秋冬」等 http://www5.plala.or.jp/ksunoffice/top.html

関連記事

TOP