スマートフォン活用塾⑦スマホで広がる料理の世界

暮らし

「今日の献立は何にしよう?」「新しい料理にチャレンジしてみたい!」「冷蔵庫にある材料で何が作れるかな?」
こんなときは、スマートフォン(以下、スマホ)の料理レシピ検索アプリが便利です。今月は、王道の料理レシピ検索アプリを紹介します。

Q 料理レシピ検索アプリって、どんなことができるの?

A レシピ検索アプリと呼ばれるもの
には、大きく分けて、写真や文字をベースにレシピが紹介されているものと、1分程度の短い動画でレシピが紹介されているものと、2種類のタイプがあります。レシピの提供者は、プロの料理人から料理好きの一般の方までさまざま。レシピを検索することはもちろん、買い物が必要な食材のリスト化や、自分が作った料理を記録する機能、近所のスーパーのチラシが閲覧できるなど、料理に関するあらゆるサービスが集約されています。自分の料理の経験値に合ったアプリを使うことで、日々の献立決めが楽になり、料理の幅が広がったりと、多くの世代に支持されているレシピ検索アプリ。この機会に一度使ってみてはいかがでしょうか。

クラシル

管理栄養士が監修した38,000件以上のレシピを動画で見られる人気アプリ。特徴は、調理工程から完成形まで短い動画にすべての要素が詰め込まれているところ。動画を見れば一目で作り方の全容がわかります。「食材の切り方」や「下処理の方法」といった料理の基本を紹介した動画もあるため初心者にもおすすめです。さらにレシピに対する質問もでき、これまでの質問と回答も参考になるので、料理の先生がそばにいるような感覚で使えます。また、レシピのリストは充実しており、下のような項目からレシピを調べることもできます。
●食材2つで作る簡単おつまみ
●火も包丁も使わないレシピ
●缶詰アレンジ
●レンジレシピ
●時短料理
●糖質10g以下
●免疫力低下を抑制 など

レシピ検索に特化したシンプルな作りで、料理名、食材、キーワードなどからレシピを検索することが可能です。特徴は、一般の方が考案したさまざまなオリジナルレシピが紹介されていること。いまや352万を超えるレシピが投稿され、国内では月間約5,900万人が利用しています。手軽に作れるレシピも多く、下のような項目からもセレクト可能です。
●レンジで簡単 
●野菜のスピード副菜
●食材2つで完成 など
人気チェーン店の味を再現した「再現レシピ」や、おうち居酒屋をテーマにした「おつまみ」カテゴリも人気です。

ぺっこ

冷蔵庫にある食材だけで何か作れないかしら……」そんな経験のある方におすすめなのが、peccoというアプリです。自宅にある野菜や肉などの食材と調味料の有無を登録すると、その食材だけで作れるおすすめレシピが何パターンか出てきます。レシピは主菜、副菜、汁物などのカテゴリ別に表示されるので、食卓に足りない1品を選ぶのにも最適です。AIが搭載されているので、使えば使うほど利用者の好みを学習して、最適な提案をしてくれるようになります。さらに、賞味期限の近い食材が出てきたら自動的に教えてくれるという機能も。実際に作った料理のカロリー計算もしてくれるので、健康管理にも役立ちます。

関連記事

TOP