食のコラム 旬の魚、スズキを食す

コラム

 さまざまな野菜や果物、魚介類など、その食材がもっとも美味しい時期を「旬」と表現します。食材が美味しい時期は、含まれている栄養価も高くなっていることが多いので、美味しく食べて、なおかつ体にも良い訳ですから、旬の時期を意識して食べることは、とても意味があると思います。
夏の白身魚の代表といわれる「スズキ」は、大きくなるにつれて、ヒカリゴ、コッパ、ハクラ、セイゴ、フッコまたはハネ、そしてスズキと、その名称がかわる出世魚(成長魚)です。
スズキは古くから縁起の良い魚とされています。『平家物語』には、「平清盛が安芸守(あきのかみ)だったころ、船にスズキが飛び込んで、この吉兆の後、ついに天下をとった」という記述があるほどです。このスズキの旬が、まさに、いまの時期なわけです。
スズキは全国的に生息しており、大きな河川が流れ込む内湾やその沿岸部の磯などでよくみられ、とくに東京湾でよく獲れます。現在、日本で最も水揚げのある地域は千葉県です。スズキは定置網などでも漁獲されるので、年間を通じて水揚げはあります。ただ、産卵後の春は、身が痩や せていて美味しいとはいえず、脂がのる梅雨の時期から夏にかけてが旬の時期となります。
スズキは和食でも洋食でも活躍します。臭みを感じない、新鮮なものであれば、まずはお刺身でどうぞ。脂がのっており、甘みもあります。アクアパッツアなどのオリーブオイルをふんだんに使った洋風の加熱調理もおすすめです。油との相性、特にオリーブオイルとの相性は抜群です。
旬のお魚をいただき、この夏をともに健やかに乗り切りましょう。

和田敏人(わだとしひと)
株式会社 アイ・フーズ
管理部 部長

 

関連記事

TOP