シニアの多様化するニーズに対応する住まい 安心と自由のサービス付き高齢者向け住宅

暮らし

シニアの住まい「サ高住」とは?

 皆さまは、高齢者が生活する施設というと、どのようなところを想像されるでしょうか?今回は、当社が運営するサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)を例に、お伝えしたいと思います。
サ高住とは、都道府県に登録されたバリアフリー設計のシニア向け賃貸住宅のことです(一部、利用権方式の住宅もある)。各居室の床面積は原則25㎡以上(ただし共用部分に十分な面積の居間や食堂、台所等がある場合は18㎡以上)、日中はケアの専門家が常駐し、安否確認と生活相談サービスの提供が義務付けられています。
入居条件は、60歳以上のシニアまたは要介護・要支援認定を受けた人で、同居する必要があると認められた配偶者などのご家族も一緒に入居することができます。
介護が必要になった場合は一般的な在宅介護と同様で、外部の介護サービスを利用することになりますが、最近は「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているサ高住が増えてきており、この場合、サ高住を提供・運営している事業者が、住まいと介護保険サービスを一体で提供しています。

不安を安心に変える住まい

「想像していたのと全然違う」「お部屋にお風呂までついていて、普通のマンションみたい!」当社のサ高住「リーシェ」シリーズに見学にいらしたお客様には、こんな感想をいただくことがあります。「一人暮らしを続けたいけれど何かあったら心配」という方。「高齢な両親が離れたところで暮らしているから心配」というご家族。「退院後、すぐに自宅に戻れるかどうか心配」という病院関係者の方。そんな方たちの不安を、安心に変えることができる……それが「リーシェ」です。1日3回の食事を用意するのが大変だと感じられる方も、お一人でお風呂に入ることが不安な方も、病院への通院が心配な方も、介護保険サービスやリーシェ独自の生活サポートを利用することで、安心して生活していただくことができます。介護保険サービスでは、居室にヘルパーが訪問する訪問介護、看護師が訪問する訪問看護、通所するデイサービスなどを、お体の状態に合わせてご利用いただけます。
毎日の検温と、定期的に血圧と血中酸素濃度の測定を行い記録しています。かかりつけ医へ受診される方もいらっしゃいますが、医師が訪問する訪問診療を利用されている方もいらっしゃいます。訪問診療でも採血検査をしたり、インフルエンザの予防接種をしたりすることもできます。
現在、新型コロナウイルス感染症予防対策のため、ご家族との面会はリモートにてお願いしております。いまはインターネットがあれば世界中どこの方ともお話ができるので、ご入居の皆さまには「リーシェ」備え付けのiPadを頻繁にご利用いただいております。もし介護度が進み「リーシェ」での生活がどうしても難しい場合には、当社が運営する介護付有料老人ホームやグループホーム、ショートステイなどをご案内させていただき、スムーズなお住み替えも可能となっております。

ご入居者の声は?

「リーシェ」では、お部屋のキッチンでお料理を楽しんでいただくことも可能です。近くのスーパーやコンビニにお出掛けされる方、通販でお好きなものを購入される方などさまざまです。ご趣味もそれぞれで、ラウンジで編み物をされる方、お散歩をされる方、皆さま自由な時間をお過ごしになっています。
ご入居の皆さまに、「リーシェでの生活はいかがでしょうか?」と伺ってみました。「病院から紹介してもらってここに来て、もう5年経ったのね!あっという間だったけど、私にはここが合っていると思っているの。お友達とお茶飲みをしているから毎日退屈しないし、住んでいる人も職員も、みんなよくしてくれるから。ありがとう。これからもお世話になります。」(70代 女性)
「もっと早く入ればよかったよ。こんなところがあるなんて知らなかったからね。毎日ありがとうございます。」(80代 男性)
「私の家族は遠くに住んでいるから、ここにいると安心できるって言っているよ。もちろん、私も安心して住んでいられます。」( 90 代 女性)
と、ありがたいお言葉を頂戴しました。
実は、数年前に私の祖母が大腿骨(だいたいこつ)を骨折し、入院。退院が決まっても自宅に戻るのはまだ難しく、もう少し歩行器に慣れて、自分のことが自分でできるようになってほしい……そこで、私は迷わず「リーシェ」に入居させたいと思いました。
祖母の介護度は要介護3でしたが、歩行器を使用して自分で歩くことができ、食事も自分で食べることができましたので、入居させてもらうことができました。着替えや排泄、入浴、掃除、通所リハビリを介護保険サービスでお願いし、食事は3食、食堂で提供していただきました。「職員の方が皆さん優しくて、よくしてくれて、ずっとここに居たい」と、祖母は言っていました。「リーシェ」の生活に慣れ、毎日笑顔で過ごしている祖母を見ると、「リーシェ」にして良かったと心から思ったものです。「帰りたくない」と言っていた祖母ですが、いまは自宅で一緒に暮らしています。
サービス付き高齢者向け住宅には、可能性がたくさんあります。夢や希望がたくさんあります。輝かしいセカンドライフのお手伝いを、私たちにお任せください。
これからもお客様に「リーシェを選んで良かった」と思っていただけるよう、取り組んでまいります。

牧野さおり(まきのさおり)
㈱東日本 福祉経営サービス
訪問介護事業所 ときめきケアプラザ

関連記事

TOP