名医・西良メソッドで腰の痛みを解決!12ヶ月チャレンジ

健康と美容

「腰」は体の要かなめ。腰の調子は、大丈夫ですか?
柔軟性、筋力、バランス力を強化する、「ピラティス」をもとにした体操を毎月ご紹介します。無理のない範囲で毎日続けて、腰痛になりにくい体づくりを目指しましょう。

下半身と腰痛の関係

 腰痛の原因の1つとして、太ももの筋肉が影響していることはすでにお話ししました。とくに太もも裏側の筋肉「ハムストリングス」が硬くなると、股関節の動きが低下して腰を動かし過ぎることになり、これが腰痛を引き起こす原因となります。「ハムストリングス」は、半膜様筋(はんまくようきん)、半腱様筋(はんけんようきん)、大腿二頭筋(だいたいにとうきん)という3つの筋肉の総称です。立ち姿勢で、おじぎをしてから頭を上げる(体を起こす)動作の際や、歩行やランニング時に足を後ろへ蹴り出す動作をする際に、重要な働きをする筋肉です。
また、太ももと同様にお尻の筋肉「大臀筋(だいでんきん)」も重要で、「大臀筋」が衰えると歩幅が狭くなったり、階段の上り下りが不安定になったり、歩行時のバランスも悪くなります。
今回の体操を行うことで、 背中の筋肉から、お尻や太もも裏側の筋肉までを同時に鍛えることができます。また、背骨を1つずつ滑らかに動かす体操のため、背中の柔軟性を高めることができます。さらに、股関節の前面の筋肉が伸びやすくなり、反り腰の姿勢改善につながります。
ピラティスは、インナーマッスルを鍛えて筋肉量を増やすと同時に、柔軟性も高めていきます。 同じ姿勢で長時間過ごすことが多い人や、冷え性や便秘の人にも効果が期待される運動です。ぜひ、これまでご紹介した体操と合わせて行ってください。


●監修
西良浩一(さいりょうこういち)先生
徳島大学運動機能外科学教授。整形外科医。
腰痛に謎はないをモットーとする腰痛治療の第一人者。
国際低侵襲脊椎外科学会WCMISST2021年会長。
NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演。
●体操
黒瀬安菜(くろせあんな)先生
整形外科 スポーツ・栄養クリニック代官山理学療法士。
MotorControl;ビヨンドピラティス®︎インストラクター。
高齢者のリハビリを長年経験し、ピラティスを通じた健康維持や予防を広める。

ピラティス器具を使用し、充実した一対一の個別リハビリテーションを実施。
整形外科として専門性の高い医療を提供。
●取材協力
広域医療法人明和会 整形外科
スポーツ・栄養クリニック代官山
【住所】東京都渋谷区恵比寿西2-21-4 代官山パークスビル3F
【TEL】03-6416-1674


※1日のなかで起床後や就寝前など好きな時間に行いましょう。
※太もも裏側の筋肉がつってしまう場合は、ひざ裏を伸ばすストレッチ(1月号に掲載)を行ってから再開してみましょう。
※体力や筋力が極端に弱っている方は無理に行わず、主治医の指示に従いましょう。

 

関連記事

TOP