将来を見据えて知っておきたいどこが違う? 「サ高住」と「有料老人ホーム」

暮らし

 シニアの住まいである「サービス付き高齢者向け住宅」や「有料老人ホーム」。それぞれの違いがよくわからない、という方も多いと思います。今回は、当社で運営しているサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)「リーシェガーデン和光/南館」を例に、両者の違いについてお話をしたいと思います。

サービス付き高齢者向け住宅は賃貸方式

 サ高住は、2011年に施行された「高齢者住まい法」によりスタートしたシニア向けの賃貸住宅です。建物と居室はバリアフリー対応で、生活相談と安否確認が義務付けられています。ご入居は、基本的に60歳以上で介護が現状必要でない方が対象ですが、一人暮らしや夫婦二人暮らしが不安な方、安全なバリアフリーの住居へ住み替えたい方などに適しています。    
介護が必要になった場合、基本的には在宅介護と同様に外部の介護サービスを利用する、または有料老人ホームへ住み替えることになります。ただし、都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているサ高住であれば、同じ施設内で介護サービスを受けることができます。

有料老人ホームは利用権方式

 有料老人ホームには、「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」と、大きく分けると3種類があります。
介護付き有料老人ホームは、都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた施設で、看護・介護職員が常駐しているため、寝たきりの場合でも介護を行ってくれるなど介護に特化した施設のイメージが強いと言えます。
住宅型有料老人ホームは、自立で生活できる方や要支援・要介護の方向けの施設ですが、介護サービスは外部の事業所を利用することになります。
健康型有料老人ホームは、お元気なシニアが入居できる施設で、介護が必要になると退去するのが前提です。現在、健康型有料老人ホームはごく少数となっています。
有料老人ホームの入居契約は一般的に、「利用権方式」となります。これは前払い家賃等にあたる「入居一時金(※)」をまとめて支払うことで施設利用の権利を得るもので、入居一時金は、施設側が定めた償却期間と償却率に沿って月々の家賃へと償却されていきます。

リーシェガーデン和光/南館の場合

 サ高住である当施設「リーシェガーデン和光/南館」の場合、日中は365日コンシェルジュが常駐し、定期的に居室訪問、居室内で起きた困りごとや、介護や生活全般のご相談に対応しております。コンシェルジュがいない夜間などの時間帯は、緊急通報システムにより対応いたします。
介護が必要な場合は、隣接する「リーシェガーデン和光」の訪問介護などをご利用いただいたり、こちらの施設への住み替えをご検討いただいたりしております。
建物はバリアフリー対応で、居室にはAタイプ(56・23㎡)とBタイプ(49・01㎡)があり、共に1LDK、キッチン・トイレ・洗面所・浴室・クローゼット・エアコンを完備しております。ご希望の方には昼食・夕食のご提供もあります。
当施設では、共有スペースとなるラウンジや屋上テラスでレクリエーションやサークル活動も行っており、ご入居者は自由に参加してお楽しみいただいております(内容によっては参加費が必要となります)。

将来を想定してメリット・デメリットを考慮

 サ高住は、あくまで「賃貸住宅」ですから、初期費用を抑えて入居ができ、自由に生活できるというメリットがあります。一方で、介護や生活支援などの必要なサービスは、ご入居者が選択して生活することになります。もし介護度が高くなった場合は、ほかの介護施設に転居する必要や、十分な介護体制がとれない可能性が出てくることも考えられます。
これに対して有料老人ホームは、介護度が高くなっても生活が続けられるという安心感はありますが、入居時にまとまった比較的高額な初期費用が必要となります。
入居を検討する際には、将来を想定して双方のメリット・デメリットを十分に考慮する必要があります。また、両者とも施設によって体制やサービスが異なりますので、入居前には十分な見学を行うことが重要です。見学や資料請求時には、納得できるまで丁寧に説明してもらえるかどうかも施設を見極めるポイントになります。

※一部、入居一時金が不要の有料老人ホームもあります。

工藤香識(くどうかおり)
㈱東日本福祉経営サービス
リーシェガーデン和光/南館 コンシェルジュ

 

関連記事

TOP