脳活レシピにチャレンジ!レーズン入りにんじんサラダ〜コールスロー風

レシピ

つくって食べて脳を元気に!

レーズン入りにんじんサラダ〜コールスロー風

①アマニ油

脳血管や細胞膜の材料となる「不飽和脂肪酸」には、認知症の発症リスクを抑える働きがあることがわかっています。「アマニ油」には、この不飽和脂肪酸が含まれています。いろいろな料理にアマニ油を活用しましょう。

②細やかな作業

にんじんの千切りと、小さなレーズンを半分に切る作業が、集中力を高めます。

作り方

❶レーズンは、ぬるま湯に20分ほど浸けた後、水気を切ってから、1粒を半分に切ります。
❷にんじんは、皮をむいて千切りにした後、塩をふってもみ込み、しんなりしたら水気を切ります。
❸ボウルに【A】の調味料を混ぜ合わせ、そこにレーズンとにんじんを加えて和え、サラダ菜を敷いた器に盛り付けます。

材料:4人分

レーズン・・・・・・・・・・130g
にんじん・・・・・・・・・・100g
塩・・・・・・・・・・・・・少々
サラダ菜・・・・・・・・・・2枚
【A】
アマニ油・・・・・・・・・・大さじ1
レモン汁・・・・・・・・・・小さじ2
マスタード・・・・・・・・・小さじ1
塩こしょう・・・・・・・・・少々

1人分:89kcal
塩分:0.7g
調理時間:20分

鈴木邦子さん 鈴木 邦子(すずき くにこ) 料理研究家。認知症予防の講師。 東京練馬野菜ぎょうざプロジェクト委員。 ホームページにて「体にやさしい健康料理レシピ」2000品以上を紹介、毎日更新中。料理教室食育講座、小学生&育メン&子育てママ講座講演会などを通して、食の大切さを楽しく明るく伝え続けている。著書「若若&噛む噛む健康レシピ 春夏秋冬」等 http://www5.plala.or.jp/ksunoffice/top.html

関連記事

TOP