ご入居者の自立支援をサポートする介護施設で働く「機能訓練指導員」とは?

暮らし

機能訓練指導員とリハビリテーションの違い

「機能訓練指導員」とは、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師のいずれかの資格を所持している方を機能訓練指導員とよびます。
機能訓練とよく混同されるものに「リハビリテーション」があります。リハビリテーションには「医師の指示のもとに実施する」という条件があります。一方の機能訓練は、機能訓練指導員がプログラムを作成して訓練を行います。ここが大きな違いです。つまり、リハビリテーションの目的は回復で、機能訓練の目的は自立支援や日常生活動作の維持といえるでしょう。

筋力&日常生活動作能力の維持が目標

 介護施設において、ご入居者の機能訓練を実施させていただく際、もっとも大切にしていることは「ご入居者が現在困っていることをできるようになる機能訓練を実施する」ということです。
どのような疾患であっても、まずは関節可動域や筋力、日常生活動作の状況を把握して訓練を実施します。ご家族のご希望はもちろん、ご入居者の一番のご希望をお聞きし、こちらで評価した内容と照らし合わせ、無理のないようなプログラムを作成します。
基本的には、筋力維持と日常生活動作能力の維持が目標になります。例えば、トイレ時の起立動作に介助が必要であり、なおかつ立っている姿勢の保持が難しい方であれば、起立訓練と立位保持訓練を実施し、トイレ動作の安定性の向上を図ります。歩行時に介助が必要な方であれば、起立訓練にて下肢筋力維持と向上を行い、歩行訓練にて歩行時の安定性向上を図ります。脳血管疾患の方では、発語や手指巧緻(こうち)動作能力(つまんだり、離したりする機能)も評価させていただき、言語訓練や洗濯ばさみ訓練、ペグボード訓練(※)を実施します。
しかしながら機能訓練を実施しても、ご入居者とご家族のすべてのご希望を叶えることは難しいものです。なぜなら機能訓練はリハビリテーションとは違い機能回復を目的としていないこと、また、現在お持ちの筋力や動作能力がご入居者によって一人ひとり違うためです。そのため、ご入居者の現状の評価などについて計画書を作成し、説明させていただくことで、皆さまにご納得いただけるようにしております。
日常生活において、ご入居者ご自身が安全にできることであれば、ご自身で行っていただくことがもっとも大切であり、それが日常生活動作の維持にもつながります。
機能訓練の実施は機能訓練指導員をはじめ、介護職員や看護職員も行う機会が多いため、ほかの職員と連携をとり合い、常に評価を行いながら、日常生活動作の見直しを行っています。

※穴のあいた板に、色や形、サイズが異なるペグ(木釘)を差し込んでいく用具を使った機能訓練のこと。

病院と介護施設での仕事の違い

 以前は病院に勤務していましたが、介護施設での仕事がこれまでと異なるのは、機能訓練のほかにもやるべきことがあるという点です。ご入居者が安全にお過ごしになれるよう、介護職員や看護職員と密に連携をとり、日常生活動作の介助方法などを指導すること。また、ご入居者の日常生活動作能力の状態に合わせて福祉用具の検討を行う必要もあります。ご入居者の日常生活動作能力が低下して福祉用具が必要となったときは、その方の状態に合ったものをご提案、ご提供までサポートさせていただくのも仕事のひとつです。
今後も、ご入居者それぞれの状態に合わせたプログラムを作成し、機能訓練を実施していきたいと思います。
ご入居を検討されている方は、ぜひル・レーヴ新白岡にお越しください。お待ちしております。

原田貴子(はらだたかこ)
㈱東日本福祉経営サービス
介護付有料老人ホーム ル・レーヴ新白岡 機能訓練指導員 理学療法士

 

関連記事

TOP