名医・西良メソッドで腰の痛みを解決!12ヶ月チャレンジ

健康と美容

「腰」は体の要(かなめ)。腰の調子は、大丈夫ですか?
柔軟性、筋力、バランス力を強化する、「ピラティス」をもとにした体操を毎月ご紹介します。無理のない範囲で毎日続けて、腰痛になりにくい体づくりを目指しましょう。

胸の背骨(胸椎(きょうつい))は動きを出したい関節

 今回は腰痛改善と姿勢が良くなる効果が期待できる、「胸椎」の体操「スフィンクス」を紹介します。 
ご高齢で円え ん背ば い姿勢の方は胸椎が丸くなって固まっていますので、この体操はとくに重要です。
胸椎とは、背骨の中の頚椎(けいつい)と腰椎(ようつい)の間にある12個の骨のことです。
例えば、体を後ろへ反る動作をしたとき、胸椎から胸が広がるように意識して反ると腰への負担は少なくなります。胸椎には心臓や肺を守る役目を持つ鳥かごのような肋骨がついており、もともと動きにくい構造となっていますが、胸椎は12個もあるので、1つ1つの胸椎が少しずつ動くことで、全体として大きな動きとなります。座った姿勢が多かったり、立っていても猫背の姿勢でいたりすることが多いと、1つ1つの胸椎を動かす体の使い方を忘れてしまいがちです。そのため、後ろへ反る動作をする際に頸椎や腰椎を中心に動かしてしまい、首や腰に負担が増えて痛みを引き起こしてしまうのです。
体の各関節にはそれぞれに役割があります。前回紹介した腰椎は安定させたい(スタビリティ)関節です。今回の胸椎は動きを出したい(モビリティ)関節です。胸の前を広げ、姿勢を良くする効果のある今回の体操で胸椎の動きをよくして、腰にかかる負担を減らしましょう。前回までの体操とぜひ合わせて行ってみてください。


●監修
西良浩一(さいりょうこういち)先生
徳島大学運動機能外科学教授。整形外科医。
腰痛に謎はないをモットーとする腰痛治療の第一人者。
国際低侵襲脊椎外科学会WCMISST2021年会長。
NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演。
●体操
黒瀬安菜(くろせあんな)先生
整形外科 スポーツ・栄養クリニック代官山理学療法士。
MotorControl;ビヨンドピラティス®︎インストラクター。
高齢者のリハビリを長年経験し、ピラティスを通じた健康維持や予防を広める。

ピラティス器具を使用し、充実した一対一の個別リハビリテーションを実施。
整形外科として専門性の高い医療を提供。
●取材協力
広域医療法人明和会 整形外科
スポーツ・栄養クリニック代官山
【住所】東京都渋谷区恵比寿西2-21-4 代官山パークスビル3F
【TEL】03-6416-1674



※1日のなかで起床後や就寝前など好きな時間に行いましょう。
※体力や筋力が極端に弱っている方は無理に行わず、主治医の指示に従いましょう。
 

関連記事

TOP