杖・車いす旅の伝道師猪狩ともかの車いすJourney(ジャーニー)

旅・生き方

春うらら。江戸時代から茨城県の行政、経済、文化の中心として発展してきた水戸。梅どころであることも広く知られています。開花に思いを馳せて、梅を愛でて、食して、利く…水戸藩のお膝元で梅と歴史を知る旅をしました。

水戸エリア(茨城県)

春の訪れを感じるなら水戸の梅から

〝水戸の黄門様〟として有名な水戸藩ニ代目藩主・徳川光圀公や九代目藩主・斉昭公が梅をこよなく愛したことから、水戸と梅との歴史は始まりました。梅の魅力について斉昭公自筆の碑(種梅記碑)が、弘道館公園内に残っています。そこには〝清らかな花を咲かせ目を楽しませるだけでなく、実は保存食や非常食として役立つ〟とあります。飢餓や軍旅の用にあてる目的として梅干しを利用するところは、実用を重んじた斉昭公らしい考えです。偕楽園には現在約100品種3000本の梅林が広がっており、世界的に見ても有数の梅スポットとなっています。早咲き(探梅)、中咲き(賞梅)、遅咲き(送梅)と正月前から彼岸過ぎまで、長く観賞できるのも特徴です。見て良し食べて良しの梅づくしの水戸の旅で、春の訪れを体感してください。

※ソーシャルディスタンスを意識し、取材時はマスクを着け、撮影時のみ外しました。


【観光】弘道館

「あっ、こんな所にも葵の御紋が…」
茨城県水戸市三の丸1-6-29
029-231-4725
https://www.ibarakiguide.jp/kodokan.html

日本最大級の藩校で梅を愛で歴史を学ぶ

梅林に囲まれた弘道館は、斉昭公が学問と武芸を学ぶ場として開設した、日本最大級の藩校です。藩士やその子弟が儒学や天文、和歌に剣術など多様な科目を学びました。藩主が臨席して文武の試験を行った正庁正席の間や、15代将軍徳川慶喜公が幼い頃に学び、大政奉還後に恭順謹慎生活を送った至善堂など、歴史的見どころもいっぱい!です。藩主の部屋の畳縁には、金糸を使った葵紋が記されていたり、ハート型の伝統的な猪目という模様で魔除けや火災除けの意味がある建築装飾金具など、随所に匠職人の技が散りばめられています。入口で専用車いすに乗り換えれば、歴史的建築物の内観が可能という嬉しいスポットです。

【観光】偕楽園

「満開の梅の季節に、もう一度訪れた〜い!」
茨城県水戸市常磐町1-3-3
029-244-5454
https://ibaraki-kairakuen.jp

一生に一度は訪れたい艶やかな梅林

 見ごろを迎えると見事な梅林となり、誰もが魅了される偕楽園の梅。金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ「日本三名園」のひとつです。自然の地形を巧みに生かした園内では、梅林の他、桜や紅葉など四季を問わず楽しめます。偕楽園という名は「古(いにしえ)の人は民と偕(とも)に楽しむ、故に能く楽しむなり」という孟子の一節から付けられました。園内の約100種の梅の中でも花の形、香り、色などが特に優れている6品種(白難波(しろなにわ)・虎の尾(とらのお)・柳川枝垂(やながわしだれ)・烈公梅(れっこうばい)・江南所無(こうなんしょむ)・月影(つきかげ))は〝水戸の六名木〟と指定され、木の周りに六角形の囲いがしてあるので、簡単に見つけられます。

【土産】亀印製菓本店

「梅づくしのお土産いっぱい!大好きなんです梅」
茨城県水戸市見川町2139-5 029-305-0310
https://www.kamejirushi.co.jp

様々な梅味が楽しめる〝梅土産〟の宝庫

 〝梅土産〟の宝庫梅どころ水戸ならではの梅を使った菓子を作り続ける創業160年越えの老舗亀印製菓。水戸土産の定番で茨城県民であれば誰もが知る「水戸の梅」は、ここで誕生したものです。採れたての青梅をイメージした鷺色で上品な仕上がりの「みやびの梅」も人気です。他にも梅の羊羹やサブレなど、数多くの“梅”を楽しめる商品が揃っています。

【宿泊】ホテル レイクビュー水戸

「見てください!この広いバスルーム。感激〜」
茨城県水戸市宮町1-6-1 029-224-2727
https://www.hotellakeviewmito.com

好立地で最高のおもてなしを約束

 JR水戸駅から徒歩3分、朝日を浴びてキラキラと輝く千波湖や偕楽園にほど近く、観光に便利なホテルレイクビュー水戸。常磐沖の鮮魚や常陸牛などの地産地消にこだわった料理人の技で、最高のおもてなしをしてくれます。ゆったりとくつろげると人気の和室は、全室それぞれに趣向を凝らした造りになっています。

【食】レストラン イイジマ

「入口からの緩やかなスロープや広い店内と車いすに優しい一軒です」
茨城県水戸市見和2-251-10
029-252-8115
https://nikunoiijima.co.jp/restaurant/

美味しい地元常陸牛が味わえるお店

 水戸の有名店で40年以上愛され続けるレストランイイジマ。多くの著名人も訪れます。Made in 茨城の美味しいお肉=常陸牛を使ったステーキやハンバーグなどの洋食、すき焼きやしゃぶしゃぶが人気です。シックで落ち着きのある店内には、個室も完備されており、家族のお祝い事で利用する人も多いとか。

猪狩ともか
1991 年12 月9 日生まれ。埼玉県出身。アイドルグループ「仮面女子」メンバー。2018 年4 月事故で脊髄を損傷し車いす生活に。同年8 月ステージ復帰を果たす。以後、公的機関のイベントに多数出演するなど活躍の場を広げている。パラスポーツ・バリアフリー応援大使。
【YouTube】猪狩ともかチャンネル

連載中の『車いすJourney』は、1 冊のガイドブックとして発刊予定です。お楽しみに!

関連記事

TOP