多様化する訪問・通所系の介護サービスどのサービスを選ぶか?どこの事業所を使うか?

健康と美容

介護事業者がチームで支援

 平均寿命の延びとともに介護期間も長くなり、さらに少子高齢化・核家族化が進み介護する人が限定されてきたことから、高齢者の介護を社会全体で支える仕組みとして2000年に始まったのが「介護保険制度」です。自立支援、利用者本位を基本的な考え方として、3年に1度の頻度で制度改正や新サービスの導入がされてきました。  
介護保険制度で受けられるのは大きく分けて、在宅で受けられる「訪問・通所系サービス」と、施設へ入所して受けられる「施設入所系サービス」の2つになります。
訪問・通所系の代表的なサービスの1つに「デイサービス」がありますが、最近は多様なニーズに応えられるよう、さまざまな形態のデイサービスが増えてきました。リハビリ中心のデイサービスをはじめ、カラオケや麻雀、将棋、囲碁など比較的軽度の方々が楽しく遊んで過ごせるデイサービスが人気のようです。また、2006年に始まったデイサービスやショートステイ、訪問介護がセットになった定額制の「小規模多機能型」サービスを利用される方も増えてきたように感じます。
初めて介護保険を使う方は、どんなサービスがあるのかをご存じない場合がありますし、どんなサービスを利用すれば良いのか迷うこともあるでしょう。
でもご安心ください。これら多様なサービスの中から各自の実情や要望に合ったサービスを紹介、全体を調整して「ケアプラン(介護サービス計画書)」としてまとめるのがケアマネジャーです。
当社「けんこうぷらん」も訪問・通所系サービスを提供している事業者で、福祉用具のレンタル・販売、住環境整備などを行っております。私たち介護サービス事業者は、ケアマネジャーさんを中心としたお互いに気心の知れたチーム感覚で皆さまを支援いたします。

斎藤 豊男さん斎藤 豊男(さいとうとよお)
株式会社けんこうぷらん 代表取締役
福祉用具専門相談員 福祉住環境コーディネーター

 

関連記事

TOP