名医・西良メソッドで腰の痛みを解決!12ヶ月チャレンジ

健康と美容

「腰」は体の要。腰の調子は大丈夫ですか?今月から毎月1つずつ、腰痛予防のための体操を紹介していきます。無理のない範囲で毎日続けて、12カ月で腰痛になりにくい体づくりを目指しましょう。

今月はストレッチから

「腰痛」の原因はさまざまです。専門医での治療が基本ですが、腰痛対策には腰まわりの筋肉を鍛え、体の柔軟性を高めるための運動習慣が重要です。
今月から12回にわたり紹介する体操は、「ピラティス」をもとにしています。ピラティスは、創始者のジョセフ・ピラティス氏が負傷者のリハビリテーションとして開発したエクササイズです。体の柔軟性の強化・筋力強化・バランス強化だけでなく、正しい姿勢と体の使い方を身につけることを目的とした動きで、腰痛の改善効果が期待できます。
まずは、胸椎(きょうつい)や股関節(こかんせつ)といった腰以外の関節の可動域を広げ、腰だけにかかっていた負担をやわらげるストレッチから始めましょう。その後、腰を安定させるための筋力トレーニング、体のバランスを整える体操に移ります。
第1回目は太もも裏側の筋肉を柔らかくするストレッチです。ここの筋肉が硬いと、股関節の動きが鈍くなり腰痛を引き起こします。早速今日から始めてみてください。


●監修
西良浩一(さいりょうこういち)先生
徳島大学運動機能外科学教授。整形外科医。
腰痛に謎はないをモットーとする腰痛治療の第一人者。
国際低侵襲脊椎外科学会WCMISST2021年会長。
NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも出演。
●体操
黒瀬安菜(くろせあんな)先生
整形外科 スポーツ・栄養クリニック代官山理学療法士。
MotorControl;ビヨンドピラティス®︎インストラクター。
高齢者のリハビリを長年経験し、ピラティスを通じた健康維持や予防を広める。

ピラティス器具を使用し、充実した一対一の個別リハビリテーションを実施
整形外科として専門性の高い医療を提供
●取材協力
広域医療法人明和会 整形外科
スポーツ・栄養クリニック代官山
【住所】東京都渋谷区恵比寿西2-21-4 代官山パークスビル3F
【TEL】03-6416-1674



※1日のなかで起床後や就寝前など好きな時間に行いましょう。 
※体力や筋力が極端に弱っている方は無理に行わず、主治医の指示に従いましょう。

 

関連記事

TOP