健康・お金・生活

高い接遇サービスで選ばれるホームをめざす介護付き有料老人ホーム「ローベル西台」

スタッフは繰り返し接遇研修を受講

 今年の3月にオープンした当施設「ローベル西台」は、「介護付有料老人ホーム」の機能を備えた「サービス付き高齢者向け住宅」です。
当社「㈱東日本福祉経営サービス」は、関東にル・レーヴとリーシェという名称が付く介護事業所がありますが、ここローベル西台は初めてのローベルのブランドとして東京に進出しました。
ローベル西台では、高い接遇サービスのご提供を心掛けております。スタッフは繰り返し接遇研修を受け、職員同士で声を掛け合いながら取り組んでおります。

「求められていること」をご提供するために

高い接遇サービスを心掛けながらの介護とは、どのようなものでしょうか?それは、お客様であるご入居者とご家族に「求められていること」をご提供することです。言葉にすると簡単なように思えますが、この「求められていること」を察知するのはとても難しいことだと思います。
しかし、接遇に対する意識の高い介護職員であれば可能です。そのためにはどうしたらいいのでしょうか?
私は、ご入居者やご家族と普段からたくさんのコミュニケーションをとることが大切だと思っております。毎日の体操やレクリエーションはもちろん、お食事や入浴、お茶の時間にもお声を掛け、時間の許す限り皆様のお話を伺うようにしております。
お話の中では昔話などに花が咲きます。そういった時間をご一緒させていただくうちに少しずつ、その方のお考えや性格、お好きなことがわかっていきます。その方の求めていることがわかってくると、よりよい介護サービス、質の高い介護サービスを提供できるようになっていきます。
ご家族に対しても同じで、定期的にご連絡を差し上げて、ご入居なさっている方の普段のご様子などをお伝えするようにしております。そうすることで、ご家族の方からご連絡をくださるようになったり、安心してお任せくださるようになったりします。

ローベル西台でより良き1日の始まり

「ローベル」とは「より良き1日の始まり」という意味です。ご入居者の皆様にとって大切な一日一日、貴重なお時間を、ここローベル西台でどのようにお過ごしいただくかは、全職員のサービスの質にかかっております。
私たちは毎日、「より良き1日の始まり」をどのようにご提供できるかを考えながら、お客様と接しています。
全国各地に介護事業所が増えている現在、介護事業所はお客様が選ぶ時代になってきています。多くの介護事業所がある中で、ローベル西台をお選びいただけるよう高い接遇サービス・ホスピタリティ精神をもとに、お客様に安心・ご満足いただける介護事業所を目指して、これからも努めてまいります。

八木橋 拓哉(やぎはしたくや)
㈱東日本福祉経営サービス
サービス付き高齢者向け住宅 介護付有料老人ホーム
ローベル西台 介護長

 

関連記事

  1. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【62】
  2. 老老介護が増えるなか防ぎたい認認介護 老老介護が増えるなか防ぎたい認認介護
  3. 住み替えるならアクティブシニアに魅力的な日本版「CCRC」
  4. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【60】
  5. 要潤さんインタビュー 皆が協力して介護に取り組める社会に
  6. セーフティネットから抜け落ちた人 「仏作って魂入れず」になっていないか?セーフティネットから 抜け…
  7. ライフエンディングを考える㉗ 葬儀トラブルはなぜ起こる?
  8. 健康寿命を縮める 「サルコペニア肥満」とは? メタボは危険信号! ?健康寿命を縮める「サルコペニア肥満」とは?…
ゴールデンライフ送付希望の方
ゴールデンライフの配布場所
読者プレゼント応募方法
脳活ドリル応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

PAGE TOP