健康・お金・生活

【保存版】いまさら聞けないお墓のイロハ

葬儀のプロが、知っておきたい葬儀の手続きについて丁寧に解説します。

菩提寺(ぼだいじ)の選定とお墓の準備

菩提寺とは

 先祖代々のお墓があるお寺をその家の菩提寺といい、お葬式や法要を行う場合は、まずこの菩提寺の僧侶に相談します。
 ところが都市部では自分の家の菩提寺を知らない、先祖代々の宗派がわからない人も増えており、いざお葬式という事態になってあわてるケースも少なくありません。
 菩提寺がわからない場合は、まず身近な親族に尋ねてみましょう。それでもわからなければ、思い当たるお寺や実家の近所のお寺などに直接問い合わせることをおすすめします。

菩提寺は同宗派を選ぶ

 お寺との付き合いが希薄になった現在では、親族と疎遠で菩提寺がわからない、菩提寺がすでにない、菩提寺が遠いので近くのお寺にお葬式をお願いしたいという人も少なからずおられます。
 調べても菩提寺がわからない場合は、葬儀社などを通じて新たにお寺を紹介してもらいましょう。
 菩提寺がすでになく、新たに近くのお寺にお願いしたいというケースでも、元々の宗派と同じお寺を選ぶのが常識的な判断です。宗派の異なるお寺への依頼は、場合によってはトラブルの原因になりかねません。
 菩提寺があるならば、どんなに遠方でも基本的には菩提寺に依頼します。特に菩提寺の寺院墓地に納骨する予定なら、必ず連絡をしましょう。菩提寺の僧侶がお葬式に来られなくても、菩提寺に相談して指示にしたがいましょう。
 それでも近くのお寺にお願いしたいという場合は、菩提寺とよく話し合い、離檀(りだん)・改葬という手続きをとることになります。

お墓を買うということ

 一般的に「お墓を買う」と聞けば、墓地や霊園の空いている墓所を購入し、そこに墓石を建立し、お墓として使用する一連の行為を思い描く人が多いと思います。
 ところが実際に購入するのは「永代(えいだい)使用権」というその土地でお墓を建てる権利であって、墓所の土地の所有権はあくまでも墓地や霊園側にあります。
 お墓を建てる際には、永代使用権の購入に要する永代使用料、墓石代、管理費がかかります。永代使用料は地域差が大きく、墓石代はお墓の大きさや石の種類、デザインなどによって異なります。
 なお、新しくお墓を建てたときや建て直したときは、僧侶に依頼して開眼供養(かいがんくよう)を行うのが一般的です。

日本は承継墓が主流

 お墓の「永代使用権」はその家の祭祀(さいし)主宰者(お墓を守る人・墓守)が代々承継していくものと考えられており、こうしたお墓を承継墓といいます。祭祀主宰者は長男とは限らず、遺族や親族でなくてもかまいません。血縁がない第三者でも可能な墓所や霊園もあります。
 いわゆるお墓には、公営・民営の霊園、寺院の境内墓地などがありますが、その運営は「永代使用権」を得た人が、管理費を継続して支払い続けることを前提として成り立っています。
 したがって祭祀主宰者が代わるとき、特に霊園などのお墓の名義人が変わるときは手続きが必要になります。境内墓地の場合も、誰がお墓の管理者(墓守)を務めるのかを明らかにし、菩提寺や管理者に伝えておきましょう。
 お墓の名義人が変わったのに届け出を怠ると、その墓地の使用権を失う可能性もあります。必要な書類や手続き方法は霊園によって異なるので、よく確認しましょう。

 

関連記事

  1. 住み替えるならアクティブシニアに魅力的な日本版「CCRC」
  2. こちら西新宿-税理士よろず相談奮闘記【58】
  3. 介護保険サービス 生活困難でも3割負担が必要
  4. お口の体操でオーラル・フレイルを防ぐ 健康長寿のカギは「フレイル…
  5. 介護付有料老人ホームでの 「医療行為」
  6. 施設で活躍する機能訓練指導員とは 介護保険法によって定められている仕事 施設で活躍する 機能訓練指…
  7. 気楽な一人住まいの落とし穴 介護が必要になっても自覚できないこと…
  8. 心も体も健やかにお過ごしいただくために介護付き有料老人ホームでの…
ゴールデンライフ送付希望の方
ゴールデンライフの配布場所
読者プレゼント応募方法
脳活ドリル応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

PAGE TOP