健康・お金・生活

【保存版】いまさら聞けない葬祭のイロハ

葬儀のプロが、知っておきたい葬儀の手続きについて丁寧に解説します。

ご逝去から精進落としまで

ご遺体の搬送と安置

 現在は住み慣れた自宅ではなく、病院のベッドで息を引き取ることが多く、速やかにご遺体の安置場所を決めて搬送しなければなりません。
 できる限り自宅に帰らせてあげたいのが人情ですが、住宅事情による制約もあり、安置場所は自宅ではなく、葬儀社、葬儀場、火葬場の霊安室などが多くなってきています。
 その後のお通夜やお葬式をどうするかによって変わりますが、決めている葬儀社があれば連絡し、そうした葬儀社がない場合は、ご遺族が探して決めたり、菩提寺に相談することになります。
 一般的には搬送までの間に退院手続きを行い、医師に死亡診断書(死体検案書)を書いてもらいます。
 入院中に診療を受けていた傷病で亡くなった場合は死亡診断書、それ以外の場合は死体検案書が交付されます。

自宅で亡くなった場合

 身内が自宅で息を引き取ったら、すぐかかりつけ医に来てもらい、死亡確認をしてもらいます。
 容態が急変して救急車を呼んでも、蘇生が無理だと判断されると病院には搬送されず、警察に連絡が行きます。また明らかに亡くなっている場合は、警察が現場検証と死因の特定を行います。

お通夜・お葬式の準備

 ごく近い肉親、菩提寺、葬儀社に連絡し、お通夜やお葬式の日時を決めます。それから喪主や世話役、遺族でお葬式の形式、規模、費用などについて話し合いを済ませ、遺影などの準備をします。
 お通夜とお葬式の日時が決まったら、親戚や友人、知人や勤め先などの関係者の誰に知らせるかを考えます。難しいのはどの範囲の人にまで知らせるかですが、一般的には年賀状をやり取りしている間柄を目安とします。

「半(はん)通夜」が主流

 お通夜は本来、故人と格別に関係の深かった人のみが集まり、故人の生涯を偲し のびながら、夜通しで別れを惜しむ場でした。それが近年では本来のお通夜を仮(かり)通夜とし、友人や知人の弔問を本通夜として受ける形式が増えています。
 そのため今は1~3時間程度の「半通夜」が主流です。
 自宅でのお通夜では、ご遺体の枕元に簡易的な祭壇である枕飾りを置き、弔問客がお参りできるようにします。
 枕飾りは宗旨や宗派、地域によってお供えするものが異なります。葬儀社が執り行うお葬式では、葬儀社が用意してくれます。

お葬式と告別式の違い

 宗旨や宗派によって違いはありますが、お葬式は宗教的な意義のある葬送儀礼、告別式は故人を偲んでお別れを告げる行事です。
 お葬式はご遺体の納棺(のうかん)やご火葬、読経(どきょう)や戒名(法名)の授与などの儀礼で、告別式は故人の社会的な関係に基づく対応になります。
 現在では同じ場所で一連の儀礼として行われるため、故人を仏さまと仰いで行うのがお葬式、人間としての故人に思いを馳せるのが告別式というように捉えればいいのです。
 密葬(みっそう)や家族葬が増えた近年では、告別式は故人らしさを大切にした「偲ぶ会」「お別れ会」として行うケースも増えてきています。

ご火葬とお骨上(こつあ)げ

 葬儀、告別式を終えたら出棺し、火葬場で荼毘(だび)に付します。このときに、火葬許可証が必要です。
 宗旨や宗派、地域によってご収骨の仕方、作法などの違いはありますが、ご火葬が終わったら参列者はお骨の周りに集まります。このとき喪主はご収骨容器を持ち、遺骨の頭部側へ立ちます。火葬場の係員が用意した箸を使い、ふたり1組で遺骨を拾い上げます(お骨上げ)。
 係員の指示にしたがって足元のお骨から上半身のお骨へ向かって順に拾い、最後に喪主ともうひとりの近しい親族のペアで喉のどぼとけ仏のお骨上げを行います。
 お骨上げが終わると、ご収骨容器は白木の箱に収められ、白布で包んで喪主に手渡されます。このとき箱の中に埋葬許可証を入れてくれるので、大切に保管しておきましょう。当日埋葬する場合を除いて、遺骨は喪主が自宅に持ち帰ります。そして「後飾り」の祭壇に遺骨、遺影、位牌を安置します。

精進落(しょうじんおとし)

 葬儀、告別式に引き続き、お骨上げまでご一緒してくださった方には精進落としの料理を用意します。精進落としの席では喪主や遺族は末席に座り、僧侶や世話人に上席についてもらいます。

 

関連記事

  1. 人生100年時代、増えていく困難事例「家族力」と「介護力」の低下…
  2. 在宅でも歯の治療が受けられる歯科訪問診療
  3. ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  4. 認知症の方が自分らしく生活するグループホーム 認知症の方が自分らしく生活するグループホーム
  5. 日本版CCRCは シニアの理想郷となるか? 実現へ向けての課題②…
  6. 在宅介護の不安をサポートする福祉用具専門相談員
  7. ご入居者の望む生活を実現するために支援のカギは観察力
  8. いきいきビクスで ヘルシーエイジング!
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

PAGE TOP