輝く人119 ラッシャー板前さん

インタビュー

仕事で旅ができるなんて、本当に幸せ!
お笑い芸人でありながら、旅番組、情報番組のレポーターとしても大活躍のラッシャー板前さん。
お笑い芸人を目指したきっかけと、子どもの頃から憧れがあった「旅」への思いを伺いました。

50点人間脱却を目指しお笑いの道へ

いつからお笑いが好きだったのですか?

 初めてお笑いにチャレンジしたのは中学1年の夏。当時『ぎんざNOW!』(TBS)という番組があって、そこで人気の「しろうとコメディアン道場」というコーナーに出たんです。「学校の授業」というしょうもないネタで、いま思えば全然面白くないのに、なぜか「いがぐり頭でまっ赤なほっぺの少年がかわいい!」と視聴者の間で話題になって、あれよあれよという間にチャンピオンになっちゃったんです。しかも、あのとんねるずの石橋さんを負かしてのチャンピオンですから、すごいでしょ。以降、3週連続で王座を守りましたが、快進撃はそこまで。夏休みが明けると、授業の関係で出演が難しくなり、やむなく途中辞退しました。でも未練はありませんでした。そもそも応募した一番の目的が参加賞だったので、念願の腕時計を手に入れて大満足だったんです。

本格的にお笑いを目指したきっかけは?

 成人式、という節目の日に一念発起したんです。実は僕、小学校時代にある先生に「50点人間」って言われていたんですよ。確かにその通りで、怒られることもなければ、ほめられることもない。何をやっても常に真ん中あたりに埋もれているような子どもだった。そんな僕に先生は「0点をとったり、100点をとったりする人間になりなさい。君は明るいけど、面白くないぞ」って言ったんです。その後、中学、高校と進学しても、相変わらず僕は50点人間のまま。勉強も、部活動の柔道もそこそこの成績で、パッと花開くようなことはありませんでした。そんな状況のなか迎えた成人式。これからの人生について自分なりに考えたとき、「そうだ、50点人間を脱却しよう!」と強く思ったんです。そこでお笑いという道を選び、憧れのたけし軍団に思い切って弟子入りしました。

たけし軍団では、体を張った芸が多くて大変だったのではないですか?

 動物と絡むのは怖かったですね。どんなに強い格闘家とやっても、相手が人間なら、危なくなればちゃんと手加減してくれるじゃないですか。でも、動物はガチで殺しにきますからね。いまでも忘れないのは、「お笑い動物クイズ」で、熱川のバナナワニ園のワニと対峙したとき。毎日愛情を注いでいる飼育員ですら襲われることがあるっていうんだから、本当に緊張しました。でも、当時の僕にはそれしかできなかったし、すべては大好きなたけし軍団の一員としてやっていたこと。だから楽しい気持ちのほうが大きくて、大変だとか、つらいとか感じる余地はありませんでした。

レポーターとして地理好きの才能も発揮

プライベートでは、温泉巡りがお好きで、全都道府県を制覇したと聞きました。

 僕は子どもの頃から社会科の地理が大好きで、読書といえば、日本地図や世界地図、旅行雑誌を眺めることでした。家族旅行では近場しか行けなかったので、そういうものを見ていろいろと妄想を広げていたんですよ。それが、いまはリアルにどこにでも行けるようになった。しかも、単なる趣味としてだけでなく、仕事としても旅ができるなんて本当に幸せです。ちなみに、旅先での僕の一番の楽しみは、公衆浴場のようなところで地元の方々と裸の付き合いをすること。青森に行ったときは、方言がきつくて何を言ってるかわからないおっちゃんと、それを通訳してくれる親切なおっちゃんとで盛り上がったのを覚えています。
また、福井県の越前町の港には、「いさりび」という公共のお風呂があるんですが、何度も行っているのですっかり顔馴染み。だから僕を見かけると、皆が「おかえり!」って迎えてくれ、いつも温かい気持ちになります。

常に明るくて元気なラッシャーさんですが、おすすめの健康法はありますか?

 数年前に痛風になって、健康への意識が変わったんですよね。とにかく太らないようにしようと思って、いまは3日に1回のペースでウオーキングなどの軽い運動を心掛けています。食事に関しては、すべて奥さん任せ。栄養が偏らないようバランスを考えて作ってくれるので、僕はそれを食べるだけです。お酒は好きなので毎日飲みますが、深酒しないよう1日に飲む量を決めてそれを守っています。あとは、仕事柄いろいろなものを食べるので、痛風の薬をきちんと飲んで、尿酸値が上がらないよう注意していますね。

読者にメッセージをお願いします。また、これからの目標があれば教えてください。

 僕は長年、『朝だ!生です旅サラダ』などの旅番組をやらせていただき、多くの貴重な経験をさせてもらいました。これを生かして、今後は、僕が旅を企画し、僕が添乗員となって、一般の皆さんを案内したいと思っているんですよ。例えば「イカ釣り漁船に乗って釣りたてのイカを堪能しようツアー」など、旅番組でやっているようなことを体験できるプランをあれこれ考え中。季節によって場所によって、さまざまな魅力を紹介できると思うので、これが実現した暁には、余暇の楽しみの1つとして、ぜひふるってご参加ください!

ラッシャー板前(らっしゃーいたまえ)
本名・鈴木浩。1963年6月生まれ、千葉県出身。
たけし軍団所属のお笑い芸人として『スーパージョッキー』や『オレたちひょうきん族』『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』など数々の番組に出演。最近は、レポーターとしても活躍。旅番組『朝だ!生です旅サラダ』(朝日放送テレビ)では、毎週土曜日の朝、20年以上生中継で全国各地から名産や話題スポット・逸品料理などを紹介し続けている。

 

関連記事

TOP