コラム

四季に彩られて心を充たす旅 青森県十和田市 奥入瀬・十和田湖

奥入瀬・十和田湖

新緑に出合う

奥入瀬渓流の本格的な春の訪れは4月中旬から。緑が芽吹き、キクザキイチゲやニリンソウが顔を出します。春の陽に暖められた木々の根元が丸く溶ける「根びらき」。八甲田エリアのブナ林では、時期によっては、雪解けの「根びらき」と新緑が同時に見られることも。

苔の魅力に触れる

奥入瀬渓流には約300種類の苔が生息し、美しい景観を創り出しています。渓流沿いの遊歩道から気軽に苔の観察ができることなどから、2013年に「日本の貴重なコケの森」に選定されました。苔の観察ツアーや苔玉づくり体験ができるところも。ミクロの世界に触れてみては?

大自然に浸る贅沢な時間 星野リゾート奥入瀬渓流ホテル

奥入瀬渓流沿いに佇む唯一のリゾートホテルは「渓流スローライフ」がコンセプト。岡本太郎作の巨大アートと、四季折々の景色が広がるロビーは、夜になるとおしゃれなバーに。猿倉温泉混合泉が源泉の優しい肌触りのお風呂は、渓流を眺めながらの至福の時。人気の「渓流テラス朝食」は、風の音や瀬音、鳥のさえずりなど大自然が奏でるBGMのなかで、彩り鮮やかな食事を優雅に満喫できます。

■住所:青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
■TEL:0570-073-022
(星野リゾート予約センター/9:00~20:00)

ロビー「森の神話」

「渓流テラス朝食」は5月~10月限定

和室・洋室・露天風呂付・テラス付など全7タイプ

三乱(さみだれ)の流れ
「焼山」からバスで15分ほど。流れが岩に当たり、様々に変化して乱れる様子が見られます。春は苔むす岩の上に可憐な花を見つけることも。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルの「渓流露天風呂」
奥入瀬渓流を眼下に、春から夏にかけては新緑、秋は鮮やかな紅葉に染まる山々を、湯船に浸かりながら一望できます

千変万化(せんぺんばんか)の渓流美

「十和田八幡平(はちまんたい)国立公園」にある十和田湖は、最大深度327mという日本で3番目の深さを誇り、青く澄んだ湖水は目を奪われる美しさです。湖の東側「子ノ口(ねのくち)」から唯一流出する河川が奥入瀬川。「奥入瀬渓流」は、その玄関口である「焼山」までの14㎞の流れを指し、「十和田湖および奥入瀬渓流」は、「文化財の特別名勝および国指定天然記念物」とされています。
 豊かな樹木や14の滝、流れが生む躍動感のある景観は見事。紅葉の時期も素晴らしいですが、若葉が萌える新緑の時期がとくにおすすめ。苔むした木々と澄み切った空気、川のせせらぎと鳥のさえずり、全身をマイナスイオンが包みます。川沿いには流れと同じ高さで車道と歩道が整備され、バスを利用する散策や、レンタル自転
車でのサイクリングも楽しめます(貸出は奥入瀬渓流館ほか)。

 

関連記事

  1. 野球をオリンピックに 呼び込んだ男 【新連載】オリンピックに野球を呼び込んだ男~アイク生原の生涯①
  2. 人生100年時代の幸福論 身の丈を伸ばす生き方
  3. おふくろの料理教室 おふくろの料理教室 食欲の秋。旬の食材で料理を楽しみましょう!
  4. 野球をオリンピックに呼び込んだ男 オリンピックに野球を呼び込んだ男~アイク生原の生涯⑤
  5. FAX MARKET 店長おすすめお取り寄せ 秋の夜長の喉を潤す…
  6. 野球をオリンピックに呼び込んだ男 オリンピックに野球を呼び込んだ男~アイク生原の生涯⑥
  7. 人情で生かされた私の半生【5】
  8. 芝田千絵のアートライフ Vol.10 芝田千絵のアートライフ vol.10
ゴールデンライフ送付希望の方
ゴールデンライフの配布場所
読者プレゼント応募方法
脳活ドリル応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

PAGE TOP