健康・お金・生活

投薬と施設入所だけでは解決しない 認知症は病気か?

認知症は病気か?

生活環境に左右される症状

 認知症と診断されたご家族を介護している方は「病気だから仕方がない」「何とか上手に付き合っていこう」と考えながらも、不安と混乱のなかで対応しておられるようです。私のお客様にも認知症と診断された方が多くおられ、神経内科か内科で診断を受け、認知症のお薬を処方されてはいますが、認知症にはいまのところ治療薬はありませんから、処方されるのは進行を遅らせるお薬です。治るわけではないけれど「病気だから薬を処方する」 という図式で何種類ものお薬を飲んでいる方もおられ、心配になったりもします。
 2012年に認知症と診断された方は460万人。5年後の2025年には700万人になると推計されています。高齢者の20%、約5人に1人が認知症という計算ですが、60代後半の3%弱、80代後半で40%前後の方が認知症というのが実態です。
 加齢とともに発症の割合が大きくなっていることから、医師のなかには「認知症は加齢に伴う心身の障害で、病気ではない」と考える方もおられます。確かに投薬では大きな効果を得られないように感じますし、慣れない施設に入所した場合、一気に症状が進む方も多く見てきました。一方で、慣れ親しんだ土地や人に囲まれて尊厳が守られるグループホームのような生活環境(施設)であれば問題なく生活できている方も多く、生活環境によって症状の出方が大きく左右されるようです。
 今後ますます増えていくことが予想される認知症の方々。投薬と施設入所という対応だけでは、医療費も介護給付金も莫大な資金が必要になります。超高齢化が進むなか、物事の本質を捉え、認知症の方々とどのように共生していくべきか、私たち一人ひとりが考える必要があるでしょう。

斎藤 豊男さん斎藤 豊男(さいとうとよお)
株式会社けんこうぷらん 代表取締役
福祉用具専門相談員 福祉住環境コーディネーター

 

関連記事

  1. 趣味が老後の時間を充実させる
  2. 【最終回】最期まで親しい人と共に生きられる理想郷 日本版CCRC…
  3. 施設で活躍する機能訓練指導員とは 介護保険法によって定められている仕事 施設で活躍する 機能訓練指…
  4. 老化を速める原因は体内の糖化だった! 老化を速める原因は体内の「糖化」
  5. 口臭が気になる 飲み込みにくい ネバネバする それはドライマウス…
  6. 終活 ライフエンディングを考える㉘葬儀の不安と悩みは事前相談で解…
  7. 税制改正による増税 こちら西新宿 税理士よろず相談奮闘記【80】税制改正による増税 …
  8. いきいきビクスで ヘルシーエイジング!
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 認知症ケアにも対応介護付き有料老人ホーム
  2. 終活は家族で共有しましょう
PAGE TOP