健康・お金・生活

投薬と施設入所だけでは解決しない 認知症は病気か?

認知症は病気か?

生活環境に左右される症状

 認知症と診断されたご家族を介護している方は「病気だから仕方がない」「何とか上手に付き合っていこう」と考えながらも、不安と混乱のなかで対応しておられるようです。私のお客様にも認知症と診断された方が多くおられ、神経内科か内科で診断を受け、認知症のお薬を処方されてはいますが、認知症にはいまのところ治療薬はありませんから、処方されるのは進行を遅らせるお薬です。治るわけではないけれど「病気だから薬を処方する」 という図式で何種類ものお薬を飲んでいる方もおられ、心配になったりもします。
 2012年に認知症と診断された方は460万人。5年後の2025年には700万人になると推計されています。高齢者の20%、約5人に1人が認知症という計算ですが、60代後半の3%弱、80代後半で40%前後の方が認知症というのが実態です。
 加齢とともに発症の割合が大きくなっていることから、医師のなかには「認知症は加齢に伴う心身の障害で、病気ではない」と考える方もおられます。確かに投薬では大きな効果を得られないように感じますし、慣れない施設に入所した場合、一気に症状が進む方も多く見てきました。一方で、慣れ親しんだ土地や人に囲まれて尊厳が守られるグループホームのような生活環境(施設)であれば問題なく生活できている方も多く、生活環境によって症状の出方が大きく左右されるようです。
 今後ますます増えていくことが予想される認知症の方々。投薬と施設入所という対応だけでは、医療費も介護給付金も莫大な資金が必要になります。超高齢化が進むなか、物事の本質を捉え、認知症の方々とどのように共生していくべきか、私たち一人ひとりが考える必要があるでしょう。

斎藤 豊男さん斎藤 豊男(さいとうとよお)
株式会社けんこうぷらん 代表取締役
福祉用具専門相談員 福祉住環境コーディネーター

 

関連記事

  1. かけがえのない時間を 笑顔で過ごすために 一期一会の精神で一緒に悩み考える かけがえのない時間を笑顔で過ご…
  2. リハビリに大切なもの 効果がある人とない人の違いとは?リハビリに大切なもの
  3. 速足で死亡率が下がるって本当 !?健康寿命をのばす「運動」
  4. サービス付き高齢者向け住宅 自由で安全、安心できる住まいサービス付き高齢者向け住宅
  5. 人生100年時代の幸福論 身の丈を伸ばす生き方
  6. 転ばぬ先の杖で介護予防 福祉用具で生活が安全快適に
  7. ご入居者を笑顔にする仕事 高齢の母を支え、支えられながらご入居者を笑顔にする仕事
  8. 口腔ケアにも利用できるアロマオイル
ゴールデンライフ送付希望の方
ゴールデンライフの配布場所
読者プレゼント応募方法
脳活ドリル応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 暖簾越し お江戸の風景
PAGE TOP