今月の気になる

音楽の力で 施設を元気に!「100万人の クラシック ライブ」とは?

100万人の「クラシックライブ」とは?

介護付き有料老人ホーム「ル・レーヴ大宮北」(埼玉県さいたま市)で昨年12月に開催された「100万人のクラシックライブ」によるミニコンサートを取材、紹介します。

クラシックライブで生演奏に触れる喜び

 新潟・埼玉・千葉で、介護付有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などを29施設展開する、東日本福祉経営サービス。地域に根差した施設づくりを目指し、入居者やその家族、施設周辺に住む人たちを招いたイベントを数多く行っています。2018年からは、音楽の力で地域コミュニティを元気にしようという社会活動を行っている「一般財団法人100万人のクラシックライブ」と協力し、埼玉県内の施設を中心にクラシックコンサートのミニライブを主催。「ル・レーヴ大宮北」では、昨年の6月に続いて今回が2回目となります。施設長の桒原(くわばら)さんによると、入居者やその家族の多くは音楽イベントに関心が高く、クラシック音楽の生演奏に触れる機会が少ないので、とても喜ばれるそうです。
 今回はバイオリンとピアノのアンサンブルで、7曲の演奏が披露されました。迫力ある生演奏に、皆さん感動している様子でした。

「楽しかった」「感動した」至近距離の小さなライブ

 演奏を行ったのは、内野祐佳子(ゆかこ)さんと祐弥子(ゆみこ)さんの姉妹。バイオリン奏者の姉・祐佳子さんは数々の音楽コンクールで優秀な成績を残しています。ピアノ奏者の妹・祐弥子さんは、国立音楽大学付属高等学校音楽科に通う高校生です。「100万人のクラシックライブ」の活動を通じ、高齢者施設やさまざまな場所で演奏を披露しています。
 コンサート会場となった「ル・レーヴ大宮北」のクリスマスの装飾が施された食堂は、入居者やその家族、スタッフと、たくさんの人たちで賑わいました。盛大な歓迎の拍手を受けて、登場する内野さん姉妹。迫力あるバイオリンの音色が約100㎡の食堂内に響き渡ります。エルガーの「愛の挨拶」が演奏されると、皆さんうっとりと酔いしれていました。
 約40分にわたるミニコンサートは、クライスラー「美しきロスマリン」やマスネ「タイスの瞑想曲」、バッハ・グノー「アヴェマリア」などのクラシック音楽で、誰もが耳なじみのある曲ばかり。
 88歳の入居者の女性は、「クラシック音楽の生演奏を聞くのは30年ぶりです。心に残る良い思い出になりました」と話します。
 坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」のアレンジ演奏では、皆さんバイオリンとピアノの音色に合わせて口ずさんでいました。
 79歳の入居者の男性は、「坂本九さんが存命なら私と同じくらいの年齢。バイオリンとピアノで聴く歌謡曲は最高でした」と絶賛。アンコールの掛け声を受け、最後はクリスマスメドレーが披露されました。会場は温かい雰囲気に包まれてコンサートは終了。
 バイオリン奏者の内野祐佳子さんは、「学生時代から高齢者施設を回って演奏活動を行ってきました。最近はコンサートホールで演奏する機会が多いため、高齢者施設での演奏は久しぶりです。アットホームな雰囲気の中で楽しく演奏することができ、皆さんにも喜んでいただけて本当にうれしいコンサートでした」と話します。
「ル・レーヴ大宮北」の施設長・桒原さんは「高齢者施設は、関係者の方以外は入りづらい場所だと思いますので、地域の方々との交流を大切にしています。こうしたイベントを通じて、ご入居者だけでなく地域の皆さんにも喜んでいただき、これからも地域とのつながりや触れ合う機会をつくっていきたいと考えています」と、高齢者施設が担う地域貢献にも意欲を示していました。


 

関連記事

  1. 自宅を活用して老後資金がつくれるって本当ですか ?!「リバースモ…
  2. 趣味も一緒に 楽しめる?!在宅介護をサポートする「ダスキン ライ…
  3. リーシェガーデン和光/南館 リーシェガーデン和光/南館×埼玉県川島町バスツアー密着レポート
  4. FAX MARKET 店長おすすめお取り寄せ 秋の夜長の喉を潤す…
  5. リースバックって何? 「リースバック」って何?
  6. 介護現場 リーダーに求められる役割とは?
  7. 手間いらずで「制限食」から「やわらか食」まで宅配食サービス
  8. 「ジェネリック医薬品」がこれからの日本を救う
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 認知症ケアにも対応介護付き有料老人ホーム
  2. 終活は家族で共有しましょう
  3. 暖簾越し お江戸の風景
PAGE TOP