公的介護保険のサービスには制約があります 知っておきたい 介護サービスの予備知識

暮らし

コミュニケーションは双方向で

 私たち在宅介護を支援するサービス提供事業者は、お客様のご自宅が仕事場となります。ほとんどの方は「宜しくお願いします」とご自宅に迎え入れてくださいますが、なかには、他人である私たちがご自宅へ上がるのを嫌がる方もおられ、お客様とのコミュニケーションに頭を悩ませるケースもあります。
とくに初めて介護保険をお使いになる方の場合、介護度や家族環境によって、介護保険で受けられるサービス内容や回数に制約があることをご存じないことがあります。例えば、車いすや介護ベッドのレンタルは要介護2以上の方でないと原則できなかったり、ヘルパーさんは庭の草むしりや犬の散歩、同居している健常者の食事を作ったりすることができません。
これは介護保険制度の趣旨が生活の「自立支援」であり、同居のご家族やご自身ではできない部分を支援するのが制度の目的であるためです。
しかし、規定通りのお話をしてもご理解いただくのが難しい方もおられ、先日は、お客様に被害妄想的な受け止め方をされてしまいコミュニケーションがとれなくなってしまった、というケアマネジャーがおられました。
このように、お客様とのコミュニケーションに頭を悩ませているサービス提供事業者も多いのではないでしょうか。
私たちサービス提供事業者もコミュニケーション能力を磨いていく必要があると思いますが、誰しも、いつ介護が必要になるかはわかりません。ぜひゴールデンライフの記事を役立てて、お元気なうちから介護サービスについての予備知識を持っていただけたらと思います。

斎藤 豊男さん斎藤 豊男(さいとうとよお)
株式会社けんこうぷらん 代表取締役
福祉用具専門相談員 福祉住環境コーディネーター

 

関連記事

TOP