コラム

芝田千絵のアートライフ vol.14

芝田千絵のアートライフ

 秋の夜長、虫の音が心地よい季節になりました。朝晩は涼しくなり、秋の訪れを味わっていることと思います。近年、訪日外国人観光客が増加し、日本の文化や四季の移ろいを楽しまれているようです。今回はそんな日本の四季を絵画で巡りましょう。
『春』月夜に浮かぶ京都円山公園の絢爛豪華な枝垂れ桜を描いた東山魁夷の代表作「花明り」。『夏』光り輝く金箔の背景にビロードのような質感で、群青の生命力ある朝顔を描いた江戸琳派絵師・鈴木其一「朝顔図屏風」。『秋』池を埋め尽くす真っ赤な紅葉と群青の色彩の対比が美しく、その中をつがいの鴛鴦が泳ぐ風景を描いた川端龍子の「愛染」。『冬』数千羽の鶴が冬空に羽ばたいていく姿を実際にみて、満月の夜空に悠然と飛翔する鶴の大群を描いた加山又造の「千羽鶴」。
 四季がある国は他にもありますが、俳句や工芸品、旬の食材を味わうなど、四季の移ろいを五感で楽しんできた日本人は情緒豊かです。ここまで季節を軸に暮らしているのは日本だけかもしれません。だんだんと秋も深まり、そして冬が訪れます。

芝田千絵さん 芝田 千絵 画家/グラフィックデザイナー
1985年東京生まれ。
2010年東京藝術大学を卒業し、12年同大学大学院修士課程を修了。
直線や曲線、幾何学模様と動物や熱帯魚などの組み合わせから非日常の世界を表現。アクリルガッシュで描き、マットで風合いのある表現が特徴である。
HP: chieshibata.com

 

関連記事

  1. 【新連載】木村重男先生の上手な老い方手帖
  2. 芝田千絵のアートライフ vol.6
  3. 今だからこそわかること、できることがある 老いには夢がある【8】…
  4. 今月のかんたんデリッシュキッチン 今月のかんたんデリッシュキッチン|白菜とたらのしょうが煮|水菜と…
  5. 【最終回】 モノとこころの整理術 老いへの「ケジメ」
  6. 野球をオリンピックに呼び込んだ男 オリンピックに野球を呼び込んだ男~アイク生原の生涯⑦
  7. 芝田千絵のアートライフ vol.17
  8. 今だからこそわかること、できることがある 老いには夢がある【7】…
ゴールデンライフ送付希望の方
ゴールデンライフの配布場所
読者プレゼント応募方法
脳活ドリル応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

PAGE TOP