健康・お金・生活

入居アドバイザーが教える高齢者施設を選ぶときのポイントとは?

高齢者施設を選ぶときのポイントとは

施設選びをサポートする入居アドバイザー

「介護付有料老人ホーム」などの介護施設への入居を検討される方の多くは、さまざまな悩みを抱えています。そのため、介護施設を選ばれる際の基準もさまざまです。例えば、サービス内容を重視される方もいれば、毎月のご利用料金やご家族が住んでいる自宅から施設までの距離を重視する方もいます。この点が「施設選びは大変だ」といわれている所以ではないかと思います。
 そのような皆さまのお手伝いをさせていただくのが、「入居アドバイザー」です。介護施設への入居に関して、ご入居者様やご家族様の悩み解消のお手伝いをいたします。
 私は介護付有料老人ホーム『ル・レーヴ新白岡』(埼玉県白岡市)で、「入居アドバイザー」をさせていただいています。
 今回は「入居アドバイザー」である私から、施設を見る際に重視すべき点や、チェックした方が良いポイントをお伝えしたいと思います。

見学する際のチェックポイント

 まず、とくに気にしたいポイントは、【施設全体の雰囲気が良いかどうか?】です。介護施設は、人が人に対して介護や生活の支援・サポートなどをさせていただく場ですので、雰囲気が良くなければ、「ここで過ごしたくない(生活したくない)」と感じ、入居することを躊躇(ちゅうちょ)してしまいます。ご家族様であれば、【自分の親をこの施設に任せられるか?】という視点で見ていただければ、ご理解いただけるかと思います。
 ただ、この「雰囲気」というのは、パンフレットやホームページだけで判断することがとても難しいものです。そのため、施設を選ばれる際には、【「施設見学」をすること】を私たちはおすすめしております。
 見学のポイントとしては、【職員は明るい表情で働いているか?】、【ご入居者様にどのようなお声掛けをしているか?】、【建物は掃除がなされ清潔に保たれているか?】、【レクリエーションは行われているか?】、【ご入居者様の表情はどうか?】、【普段のご入居者様の様子はどうか?】など、挙げればキリがありませんが、これらの点をよく見ていただくことが大切です。
 また施設に足を運び、ご自身の目で確認することで、本当の意味でご自身の悩みや疑問点の解消につながり、納得してご入居いただけるのではないかと思います。ぜひご自身の目で、実際に施設を見ていただきたいと思います。
 施設見学の際には、館内・居室内の確認もさることながら、【事務所内が整理されているか?】という点も大切なポイントです。事務所ではご入居者様の大切な情報を扱うことが多いので、事務所が整理されているか?という視点からも、職員の目配り・気配りが測れるのではないかと思います。
 ただし、あまりにたくさんの施設を見てしまったことで、逆に悩みが深まり、決められなくなってしまった方も多く見てきました。可能であれば施設を絞って、見学するのは4カ所くらいをおすすめします。

介護でお困りの方の力になれることが励みに

 私自身、これまでに多くのお客様とお会いさせていただけたことで、皆さまが何に迷われ、どこで躊躇しているのかを把握し、その都度、最適な施設をご紹介できるように努めてきました。「入居アドバイザー」は、お客様に適した施設等をご紹介することで、ご入居者様やご家族様から感謝の言葉をいただける、とてもやりがいのある仕事です。また、介護に関するちょっとした困りごとのご相談を受け、皆さまの力になれているという実感が私の励みとなり、私自身がお客様に救われたことも多々ありました。これからも『入居アドバイザー』として、皆さまがより良い生活をおくれるよう、皆さまの支えとなれるような働きをしていきたいと思います。

大島 大貴(おおしまだいき)
㈱東日本福祉経営サービス
営業本部 入居アドバイザー

 

関連記事

  1. 人生100年時代の幸福論 身の丈を伸ばす生き方
  2. 全身の血行促進で脳トレダンス ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  3. 日本版CCRC実現へ向けての課題④ 自立型住まいのサービスをつく…
  4. 100歳まで体が自由に動く「自分で治せる!腰痛解消メニュー」
  5. 高齢ドライバーによる交通事故 運転免許証の自主返納を機に考えた高齢ドライバーによる交通事故
  6. 回復する人としない人、その違いは何でしょうか?大切なあるものがリ…
  7. 歯周病ケア お口の健康が、全身の健康を守る歯周病ケア
  8. 免疫力をアップさせる笑いの力「一日一笑で周囲も笑顔に」
ゴールデンライフ送付希望の方
ゴールデンライフの配布場所
読者プレゼント応募方法
脳活ドリル応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 暖簾越し お江戸の風景
PAGE TOP