コラム

楽しく百歳、元気のコツ②

楽しく百歳、元気のコツ

同じ生きるなら明るく生きた方がいい。今日を一番いい日に!何度も読み返したくなる百歳のメモリアルエッセイ。

若い頃よりもよく見える

 梅雨が明けると急に暑くなったりするので、体調に気をつけたいですね。
 この季節に食べたいものの一つが、ゴーヤーです。以前は、あまり好きではなかったのですが、栄養が豊富で、暑い時期には、あの苦みがおいしく感じられます。薄く切って油でいためて、甘辛く味付けて食べるのが気に入っています。
「緑のカーテン」としても人気ですね。室内でも、ゴーヤーは長持ちするので、少し切って花びんなどに挿しておくと、きれいな緑に気持ちが安らぎます。実をかごなどに入れて飾っておくのも涼しげです。
 少しの工夫で楽しみながら、暑い夏を乗り切りたいものです。
 最近、アメリカに住む知人が、わが家を訪ねてきてくれました。亡くなった夫の友達の娘さんです。半月ほど滞在し、家の中の片付けなど、いろいろと助けてくれました。
 彼女とは六十年ほどのつきあいになります。彼女が十代の頃に何年か、わが家で一緒に住んでいたことがあり、娘みたいにかわいがっていました。いまだに私のことを気にかけてくれて、私の具合が良くないと聞いて、手伝いに来てくれたのです。
 今は二人とも全く違う生活をしていますが、久しぶりに会っても、一緒にいると、とても楽しい。気が合う人とのおつきあいは、大事にするものだなと思います。
 私が今を幸せに生きていられるのは、親戚や友人、知人の支えがあってこそ。若い頃から続いてきたおつきあいのおかげで、豊かで楽しい暮らしを送っていられるのだと、日々実感しています。
     * * *
 これまで自分が過ごした時間に自信を持つことは、今の自分を大事にするためにも、とても大切なこと。家事や子育てや仕事など、自分がしてきたことに胸を張りましょうよ。やり残したことがあるなら、いくつになってもチャレンジすればいい。
 何かにつけて「私はもう年だから」と言う人がいます。たしかに、年だからできないこともたくさんあります。目は少しずつ見えなくなるし、耳も聞こえなくなる。でも、年齢を重ねたことで、よく見えることもあります。心の目、心の耳で、身の回りのことも、世の中のことも、若い頃より見えるようになったと感じています。
 私は、外に出る機会はほとんどなくなりましたが、世の中の動きや自分の気持ちに、常にアンテナを張るように心がけています。新聞を読んで驚いたこと、人と話して「なるほど」と思ったこと、外を見て感じたこと。毎日、なにかしらそういうことがあります。どうして驚いたのか、なぜそう思ったのか、改めて考えてみるのです。
 せっかく生きているのだから、ボヤっとしていてはもったいない。よく見て、よく聞いて、よく考えて、残りの持ち時間を精いっぱい生きて、楽しもう。私はそう思っています。

(2017・7・9)

 

関連記事

  1. 人情で生かされた私の半生【8】
  2. 今月のかんたんデリッシュキッチン|ズッキーニとえびのトマトパスタ…
  3. 今だからこそわかること、できることがある 老いには夢がある【6】…
  4. 芝田千絵のアートライフ 芝田千絵のアートライフ vol.8
  5. デリッシュキッチン 今月のかんたんデリッシュキッチン|えのきと鶏肉の炊き込みごはん|…
  6. おふくろの料理教室 おふくろの料理教室「筍の炊き込みご飯」を作ってみよう!
  7. 野球をオリンピックに呼び込んだ男 オリンピックに野球を呼び込んだ男~アイク生原の生涯④
  8. 富山県富山湾沿岸エリア 四季に彩られて心を充たす旅 富山県富山湾沿岸エリア
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 命涯りあり知は涯りなし
PAGE TOP