健康・お金・生活

視力の低下がQOL(生活の質)も低下させる気を付けたい目の病気

気を付けたい目の病気

 人は情報の7割~8割を目から得ているといわれています。視力が落ちると、QOL(生活の質)の低下も進みます。例えば白内障が進むと、目がかすんだり二重に見えたりして本やテレビ、パソコン操作が疲れる、外で知人とすれ違っても気付かない、車の運転に不安をおぼえるなど、生活に支障をきたすようになります。また、視覚障害があると転倒リスクが高まり、骨折や死亡リスクも高まるという研究結果さえあります。
 年とともに増える目の病気を知って、予防と早期発見・早期治療に努めましょう。

紫外線が大敵の「白内障」

 加齢に伴って目の水晶体が濁(にご)る病気が「白内障」です。
 白内障になると、ものが見えにくい、かすんで見える、まぶしく感じる、片目で見ても二重に見える、以前より近視になった、メガネが合わなくなったなどの症状が現れます。
 1番の危険因子が紫外線で、予防にはサングラスなどの紫外線対策が有効です。
 治療としては、点眼薬で進行を遅らせることはできますが、1度濁った水晶体を透明にすることはできません。症状が進んで日常生活に不自由を感じるようであれば、手術をすることになります。手術では、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し、水晶体の代わりとなる人工の単焦点眼内レンズ(健康保険適用)を入れます。比較的短時間で終わる手術です。ただし単焦点眼内レンズは一定の距離にしかピントを合わせられないため、近くや遠くをより鮮明に見るためにはメガネが必要となります。一方、多焦点眼内レンズの場合、健康保険適用外ではありますが、1枚のレンズで近くから遠くまでピントを合わせることができるため、術後はメガネの必要がないことがほとんどです。
 白内障かな?と感じたら、眼科を受診して、生活に合わせた治療方法を相談しましょう。

「緑内障」は早期発見が重要

 「緑内障」は、何らかの原因で視神経が障害されて視野が欠けたり狭くなったりする病気で、眼圧(眼球内の圧力)の上昇が発症原因の1つといわれています。大別すると「閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかくりょくないしょう)」と「開放隅角緑内障(かいほうぐうかくりょくないしょう)」の2つの型があります。「閉塞隅角緑内障」では、眼球内の房水が一定量より増えることで眼圧が高くなり、視神経を圧迫して障害を起こします。房水は隅角から線維柱帯というフィルターにあたるところを通って眼の外に出ていきますが、隅角が狭くなり線維柱帯が目詰まりすることで房水の排出が妨げられ、眼圧が上がります。眼痛、吐き気、視力障害、虹視(光のまわりに虹がかかったように見える)などの症状が現われ、放置すると失明することもありますが、早期に診断がついて手術をすれば治ります。
「開放隅角緑内障」では、眼圧が正常な場合が多く、いつの間にか視野の中心の周りに見えないところ(暗転)ができます。日本人にはこのタイプが多く、たいていは非常にゆっくりと視野が欠けていくため、本人が気付いたときには手遅れである場合がしばしばです。
 緑内障の治療は、種類と程度によって異なり、多くはレーザー治療や手術で房水の流れを良くします。緑内障で1度障害された視神経は元には戻りません。早期発見・早期治療が大切です。40歳を過ぎたら無症状でも、定期的に眼科検診を受けましょう。

高血圧に注意「眼底出血」

 目の奥にある網膜で受けた光の情報は、脳に伝えられることで、ものを見ることができます。しかし、網膜の表面にある血管が破れたり詰まったりすると、その部分の視野が黒く欠けて見えなくなります。これが「眼底出血」です。
 眼底出血の原因は血管の老化を早める糖尿病・高血圧・動脈硬化などに加え、ストレス・喫煙・脂質異常症なども要因となります。
 一般的に血管の太い部分で詰まれば重症ですし、逆に血管の末梢部分では気付かないこともあります。網膜の中心にある黄斑に栄養を運ぶ血管が詰まった場合、視力の回復は難しくなります。
 治療では、まずは血栓溶解薬や網膜循環改善薬で血流の回復を試みます。時間が経過している場合には、網膜にレーザーを当てるなど合併症予防が主体となります。合併症には、硝子体出血、網膜剥離(もうまくはくり)や血管新生緑内障などがあります。基礎疾患である高血圧などを内科できちんとコントロールし、もう片方の目に同じ病気を起こさないことが重要です。

 

関連記事

  1. 税務相談 こちら西新宿税理士よろず相談奮闘記【70】相続税の負担…
  2. 在宅介護を支援するショートステイ
  3. 介護付有料老人ホーム 目指すのは、感動を生む施設介護付き有料老人ホームがオープン
  4. 鳥越俊太郎さん 「がんに負けない生き方」 取材/がん治療 鳥越俊太郎 「がんに負けない生き方」
  5. 歯周病の治療なくして健康長寿はありえない
  6. 人手不足の介護業界、できることはあるのか?ご入居者の安心な 暮ら…
  7. いきいきビクス ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエイジング!…
  8. 在宅介護の可能性を広げるデイサービス 在宅介護の可能性を広げるデイサービス
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 千葉県大多喜町
  2. 都内の名処
  3. ゴールデンライフ2020年3月号
  4. 輝く人 渡辺謙さん
PAGE TOP