健康・お金・生活

放っておくと認知症に移行しやすい? !知っておきたい老年期の「うつ」

知っておきたい老年期のうつ

「うつ」になりやすい老年期

 人は生きている限り、悩む存在です。とくに高齢になってくるとさまざまなできごとが起こるため「うつ」状態になりやすいのです。加齢に伴い体を思うように動かせなくなったり、家族との離別を経験したりと、さまざまな喪失感をおぼえるようになります。
 老年期は、このような慢性不安があるのが普通ですが、いつまで経っても回復せず、日常生活に支障をきたしてしまうと「うつ病」ということになります。
 一般的な症状として「やる気を失う」「些細(ささい)なことにこだわる」「落ち込む」「神経が過敏になる」「感情のコントロールができなくなる」などの変化が現れます。

認知症と併発しやすい

 うつ病は体の病気がきっかけでも起こります。なかでも「がん」は将来に大きな不安を抱えやすく、うつになりやすいのです。ほかにも関節リウマチ、結核、 肺炎などは重症になればなるほど、うつになりやすくなります。 甲状腺の病気では、元気がなくなるのが一般的です。神経の病気、多発性硬化症やパーキンソン病も、うつと関係しています。
 そして忘れてはならないのが、「認知症」です。老年期のうつ病は認知症と密接な関係があり、2つを区別するのは専門家でも難しいといわれています。認知症の方の約40%に、うつを併発する可能性が指摘されているのです。また、若年期のうつは認知症のリスク因子であること、うつは認知症の初期症状であることなども知られています。

曖昧(あいまい)さに耐える力を身につける

 うつ病は一度かかると、年齢に関係なく再発を繰り返しやすくなります。なかなか完治が難しい病気なのです。そのため予防が大切になってきます。
 まずはストレスをためないこと、これが一番大切です。環境の大きな変化は「うつ」を引き起こします。 例えば、いままで住んでいた環境とはまったく違う別の場所に移り住むことなどは、うつ発症の大きな要因となります。
 しかし、ストレスをまったく感じない生活なんてあり得ません。ストレスは生きていくうえで避けられないものであり、人として成長するためには、ときにはストレスも必要なのです。問題は、ストレスが慢性化することです。
 ストレスを継続させないためには適度に休息をとったり、ストレスの原因を忘れられる時間を持ったり、自分で意識づけることが必要です。
 また世の中には、生きていくうえで黒白をはっきりとつけられない曖昧(あいまい)な事柄がたくさんあります。この曖昧なことに明確な答えを見出そうと頑張ってしまうと、精神的に疲弊(ひへい)することになります。若いうちから曖昧さに耐える力を身につけ、自分だけで事態が進展しないときはしばらく見守るなど、心に余裕のある態度をとれるようになっておくことが大切です。
 一人だけで頑張らず、必要なときは他人に援助を求める勇気を持つこと。過去にこだわることをやめて、いまここから未来を発想する意識をもつこと。主導権を少しずつ若い人に渡すことなどを心掛けましょう。
 地域のコミュニティ活動に参加するなど何か楽しみを持つことも、うつ予防になります。

周囲は無理に励まさない

 老年期のうつを防ぐには周囲のサポートが欠かせません。とくにご高齢の方は、自分で体の不調を訴えることができない場合もあり、周りの人が気付いて対応することも大切です。本人の気力だけでは治らないことを理解し、症状がひどいときは受診を勧めます。
 うつ病は基本的には治療すれば治る病気です。しかし治療には数カ月、数年という時間が必要です。
 家族や周囲の人の対応としては、
●本人の希望にあった手助けを見つけ出す。
●励まさない(励ましは逆効果)。
●無理やり一緒に物事をしようとしない。
●温かく見守る。
●仕事や生活における重要な決断は先延ばしにする。
●小さなことでも考えや決断を求めない。
●普通に接する、気を使い過ぎない、距離をおかない。
●よく話を聞き理解と共感を示す
などを心掛けましょう。

老いを受容して人生を楽しむ

 加齢現象は避けられなくても、人は生涯を通じて成長する存在です。喪失を受け止め、それに耐えて生きる力を秘めています。しなやかで折れない心を持ち、喪失による寂しさと悲しみを乗り越え老いを受容することにより、前向きの「生き生きライフ」を楽しむことが可能となります。「この世は気持ちの持ちようでいかようにも変わる」というのは、私たちにとってまさに励ましになる言葉です。

 

関連記事

  1. インフルエンザ対策は口腔ケアから
  2. 介護保険サービス 生活困難でも3割負担が必要
  3. 老老介護が増えるなか防ぎたい認認介護 老老介護が増えるなか防ぎたい認認介護
  4. 遺品整理の作業ポイント 意外と知らない遺品整理の作業ポイント
  5. いきいきビクス 【最終回】ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエ…
  6. 速足で死亡率が下がるって本当 !?健康寿命をのばす「運動」
  7. 歯磨きで体の健康を守る正しいケアで歯周病予防
  8. サービス付き高齢者向け住宅 自由で安全、安心できる住まいサービス付き高齢者向け住宅
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 介護施設のレクリエーション
  2. どこが変わる?介護保険制度
PAGE TOP