患者さんが治療方針を主体的に選ぶ「インフォームドチョイス」とは?

健康と美容

治療を成功に導くカギ

「インフォームドコンセント」とは、医師から病気について十分な説明を受けて、治療法に同意(コンセント)することをいいます。
「コンセント」をさらに進めて、患者さん自身が主体的に治療法を「チョイス」する考え方を「インフォームドチョイス」といいます。
ところが多くの患者さんには「医師は忙しい」という先入観があり、そこまで十分な説明を医師に求めるのは申し訳ないという感覚があるようです。また「医師の尊厳侵すべからず」という意識があり、素人判断を述べると、かえって判断を不確実にするのではないかと危惧する人もいます。しかし本来、医療行為は患者さんと医療者の信頼関係のうえに成り立つものです。私たち医師も患者さんの声に耳を傾ける必要があります。
医師は専門的な立場から、診断に至った経緯や病状、必要と思われる検査、治療、手術などについて患者さんやその家族に十分に説明し、よく理解してもらうように努め、最良と思われる指針を示します。複数の選択肢があればそれを示し、受ける検査や治療についての効果と危険性を示します。その過程で、医師と意見を交換しながら治療方針を決定していくことで、患者さんと医師との間には、より良い信頼関係が成立していくものなのです。つまり「インフォームドコンセント」および「インフォームドチョイス」は、病気と闘ううえでの「作戦会議」として位置づけられます。
特に、さまざまな治療法がある場合、自分にとってどれが最適か悩むものです。治療を始める前のできるだけ早い時期に、このような情報の共有を図ることが治療を成功に導くカギと言えるかもしれません。医師に遠慮せず、説明を求めるようにしてはいかがでしょうか。

梶川 博(かじかわひろし)
医師、医学博士
医療法人翠清会 梶川病院 会長
日本脳神経外科学会 認定専門医

 

関連記事

TOP