健康・お金・生活

まずは相談から賢く利用したい在宅介護サービス

「家族を自宅で介護したい」という思いを叶えるには、ときには専門家に相談しながら、プロの力を借りることも大切です。
今月は在宅で利用できる、さまざまな公的介護サービスを紹介します。

介護を社会全体で支える

 公的介護保険制度は、介護を社会全体で支えようと2000年にスタートした制度です。利用するには、地域包括支援センターまたは役所へ申請を行い「要支援・要介護認定」を受ける必要があります。利用料金は所得によって異なり、1割~3割の負担額です。
 40歳以上になると加入義務があり長年保険料を支払うため、必要になったら上手に活用したい制度です。しかし、家族の介護を他人に任せることに抵抗があったり、本人が介護サービスの利用に抵抗があったりして、必要になっても利用できないケースもあります。特に、年々増えている老老介護や、仕事をしながら在宅介護する場合は、介護者の身体的・精神的な負担が大きくなりがちです。ぜひ専門家に相談の上、公的介護保険制度を上手に活用したいものです。そこで今月は「在宅系の公的介護サービス」について紹介します。

専門家のサポートで本人も家族も元気に

 公的な在宅系の介護サービスには「通所型」「訪問型」「宿泊型」などがあります。これらのサービスを利用すれば、介護や看護のプロからさまざまなサポートやアドバイスを受けることができ、普段介護を担っている家族の負担が軽減され、疲労回復や気分転換にもつながります。そして何より、要介護者本人の心身機能の低下を防ぐ効果があります。特に通所型や宿泊型のサービスは、自宅外で同年代の方と話したり、体操や食事などの介護サービスを受けたりすることが刺激になり、認知症予防にもなります。
 下記に在宅で利用できる公的介護サービスを簡単にまとめましたので参考にしてください。詳しくは、お住まい近くの地域包括支援センターや役所に相談の上、ぜひ上手に公的介護サービスを利用しましょう。


 

関連記事

  1. 在宅介護の可能性を広げるデイサービス 在宅介護の可能性を広げるデイサービス
  2. すこやかな在宅介護のためのショートステイ
  3. 香りの刺激で「飲み込む力」が改善
  4. サービス付き高齢者向け住宅 自由で安全、安心できる住まいサービス付き高齢者向け住宅
  5. 脱水が引き起こす「怖い病気」
  6. 住宅型有料老人ホーム 施設の安心感と在宅介護の良さが両立する住宅型有料老人ホーム
  7. ご利用者の気持ちや 立場を想うことが出発点
  8. 【新連載】ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエ…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 命涯りあり知は涯りなし
  2. 楽しく百歳、元気のコツ
PAGE TOP