今月の気になる

趣味も一緒に 楽しめる?!在宅介護をサポートする「ダスキン ライフケア」とは?

公的介護保険外サービスの提供でシニアの暮らしを支援している「ダスキン ホームインステッド」が2018年4月、「ダスキン ライフケア」に生まれ変わりました。そのサービス内容とは?

シニアライフを支える家族代行サービス

「住み慣れた自宅で、いつまでも心豊かに暮らしたい」多くの人がそう考えているのではないでしょうか。その願いをかなえるお手伝いをするのが、私たち「ダスキンライフケア」です。そう話すのは株式会社ダスキン ライフケア事業部長の船橋さんです。
「ダスキン ライフケア」では、掃除や食事作りなどの家事全般をはじめ、通院やお買い物などの外出の付き添い、見守りなど、一人ひとりの暮らしに合わせたサービスを提供しています。ときには「自分が働きに出ている日中、父親の将棋の相手をしてほしい」という息子さんからの依頼に応えたり、「プールに行きたいけれど一人では不安」という年配女性に付き添ったりするなど、趣味を一緒に楽しむ相手として寄り添うこともあるそうです。
「ダスキン ライフケア」という名前には、「お客様それぞれの人生や生き方に寄り添った、その方のためだけのオーダーメイドのお手伝いをする」という想いが込められています。
 加齢により体が思うように動かなくなるのは、誰しもが経験することです。「ダスキン ライフケア」のご利用者も、やりたいことがあるのに体がついていかず、遠慮や諦めから希望を伝えられないことがあるそうです。そんなときは顔色や仕草から気持ちを察して、どのように寄り添えば良いかを考えます。例えば、お料理好きにもかかわらず包丁が持ちづらくなったお客様には食事を作る際、段取りや盛り付けなどを教わりながら一緒に味見をして、その方のやり方で仕上げていきます。また、お掃除をするというお約束でお宅に伺ったとしても、その日のお客様のご要望で散歩へ行ったり話し相手になったりと、その時々の様子に合わせて寄り添うことを心掛けているそうです。
 人生100年といわれる時代。「自宅で暮らしたい」「暮らしてほしい」という思いがあっても、家族だけで抱え込んでしまえば身体的・精神的負担が大きくなり、やむなく施設入居を選ぶことにもなりかねません。シニアライフを支える「ダスキン ライフケア」を賢く利用して、ご本人はもちろん、ご家族の負担を軽くして思いをかなえたいものですね。暮らしの中のお困り事は、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

【問】ダスキン ライフケア
0120・100・100(ダスキン コンタクトセンター)

 

関連記事

  1. その便秘続くとどうなる? 便秘のお悩みすっきり解消!その便秘、続くとどうなる?
  2. 紙おむつのリサイクルとは 紙おむつが地球を救う?!紙おむつのリサイクルとは?
  3. 読者が体験!体力年齢の若返りって!?
  4. ちょっと新しい写真の整理方法 家族に思い出をのこし、想いをつなぐちょっと新しい写真の整理方法
  5. 健康のために知っておきたい油の新常識 アブラ=太るは間違い?!健康のために知っておきたい油の新常識
  6. 脳を 楽しく鍛える「脳トレ」が認知症予防 になるって本当?
  7. リースバックって何? 「リースバック」って何?
  8. 「ジェネリック医薬品」がこれからの日本を救う
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 富山県富山湾沿岸エリア
  2. デリッシュキッチン
  3. ゴールデンライフ2019年4月創刊103号
  4. 輝く人 石井めぐみさん
PAGE TOP