健康・お金・生活

突然やってくる介護に備えて生活環境を整える

生活環境を整える

「介護なんてまだまだ先のこと」と思っていたら、突然その日がやってくることもあります。
不安なときは地域包括支援センターなどに相談して誰かの手を借りることも大事ですが、その前に自分でやっておきたいこともあります。

病気や事故でいきなりやってくる介護

「私は、まだまだ若い」「親は、まだまだ元気」誰しもそんな気持ちを持っているかもしれません。
 しかし多くの場合、ある日突然、介護が必要になる日が訪れます。
 厚生労働省による平成28年「国民生活基礎調査」によると、要介護者が、介護が必要になった原因は「認知症」が24・8%と最も多く、次いで「脳血管疾患(脳卒中)」18・4%と続きます。調査結果で特に注目すべき点は、要介護4・5と介護度が重くなると、介護が必要になった原因の第3位に「骨折・転倒」が上がってくることです。すなわち骨折・転倒で介護が必要になった場合、介護度が重くなりやすい傾向があるということです。
 脳卒中や骨折・転倒などの事故は、ある日突然起こり、退院できたとしても介護が必要になることが多々あります。そのようなとき、介護を受ける方、そしてご家族も、何をどうすれば良いのかわからないことが多いようです。地域包括支援センターや福祉課などの窓口で相談することも大事ですが、そうなる前に、自分にできることは何かを考えておくことが大切ではないでしょうか。

気が付けば介護を受けられない環境に

 以前、こんなことがありました。それは地域包括支援センターからの1本の電話で始まりました。
 ご本人は介護サービスを受けたいと思ってはいるものの、家がモノで散乱しており、体力的に自分でゴミも捨てられない状態の方がいる。その不安からか、通販でたくさんのモノを購入し心を満たしている様子。「処分しましょう」と提案しても「捨てるモノなんて1つもない」と拒否される。介護ベッドを導入し、ヘルパーも入れたいが、現状では足の踏み場もない。ご本人を説得して、なんとか介護サービスが受けられる環境にしてほしい。
 そんな地域包括支援センターの切実な依頼から、私どもが見積もりに伺うことになりました。

「捨てたくない」をどのように説得するか

 見積もり日の当日。ご本人はとても警戒しており、モノを捨てられるのではないかという恐怖と、今後の不安な気持ちが入り乱れている様子に見受けられました。まず、私どもは「捨てる」「処分する」「要らない」の3つを禁句としました。代わりに「片付け」「整理」「環境」の3点を強調し、打ち合わせを行いました。
 マイナスのゴール(処分)ではなく、プラスのゴール(環境整備による解放感と新しい人生)を設定した上で話し合いを進めた結果、「介護ベッドで寝起きしたい」「歩いて買い物に行きたい」など、ご本人が真に思っているお気持ち(目的)を1つひとつ明確にしていく過程で、気持ちに変化が見られてきました。
 ご本人が不安になりかけた時は、「ここが片付いたら介護ベッドを入れて、快適に寝起きができますね」など、常に目的に沿った声掛けをするようにしました。
 すると途中から「私、これ要らないわ」「これ捨てないと、あっちが片付かないわよね」と、私たちが「禁句」にした言葉を自ら話し始めたのです。
 それは小さな変化かもしれませんが、この一歩が前向きな気持ちへと切り替わるきっかけとなります。ご家族を含めて周りで手助けをする人たちは、この小さな変化に気付くことが大切だと思います。
 その後、弊社の介護部門で支援するようになったこの方は、今では顔色も良くなり、介護ベッドで寝起きしながら落ち着いて生活をしているご様子です。

希望する生活のために備えておく

 ある日突然、介護が必要になるこれは誰にでも起こり得る大きな問題です。
 その時、あなたはどんな生活を望みますか?
 いざという時に困らないよう、生活環境をどのタイミングでどのようにするか、皆さまも1度、見直してみてはいかがでしょうか。

株式会社ケアサービス

富澤政信さん富澤 政信(とみざわまさのぶ)
株式会社ケアサービス 常務取締役
経済産業省 「ライフエンディングステージ創出」委員

 

関連記事

  1. 健康長寿のカギは「フレイル」予防⑥
  2. 家庭内の事故を防ぐ住まいの改修 家庭内の事故を防ぐ住まいの改修
  3. 老々介護に思うこと 在宅介護を上手にこなすヒントとは?老々介護に思うこと
  4. サービス付き高齢者向け住宅で入居者と共に サービス付き高齢者向け住宅でご入居者と共に
  5. サクセスフル・エイジング 成功加齢のためのQ&A⑫サクセスフル・エイジングへの道…
  6. 健康長寿のカギは「フレイル」予防④
  7. 相手を理解し、より良い関係を築く傾聴の力
  8. 健康長寿のカギは「フレイル」予防②
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 四季に彩られて心を充たす旅 静岡県東伊豆稲取
  2. 今月のかんたんデリッシュキッチン
  3. ゴールデンライフ2019年2月号
  4. 坂東玉三郎さん
PAGE TOP