健康・お金・生活

家族の想いをつなぐ相続

ゴールデンライフ対談

新宿総合会計事務所税理士伏木栄太郎 ゴールデンライフ総編集長今井敏義

2011年から全82回にわたり本誌に連載していた「税務相談」の著者・伏木栄太郎氏と共に、これまでの7年間を振り返ります。本当の相続とは?

「争続」にならないために「対話」と「現状分析」を

【今井】7年前に都内で行われた高齢者向け住宅セミナーの会場での出会いが、本誌に寄稿いただくきっかけでしたね。
【伏木】会場に置かれた「ゴールデンライフ」を偶然手にしたとき、そこにいらしたのが今井社長でした。「発行人です」「え!そうなんですか?」という会話を覚えています。そのとき、相続を切り口にした読み物を何気なく提案したことが、まさか7年も続く連載を担当することになるなんて思ってもいませんでした。
【今井】全82回のうち36回が、相続に関するテーマでした。
【伏木】当初、「個人にまつわる税金の話を柱に」というリクエストをいただきましたので、相続を中心に贈与の内容も多く書かせてもらいました。
【今井】時代や社会が変わり、法改正があっても、世代ごとの関心事に大きな変化はありません。日本は諸外国に比べて相続税も贈与税も高いといわれています。年齢を重ねていく中で、自身の財産をどうするかは普遍的なテーマです。「ゴールデンライフ」を発行する立場としては、シニア世代に必要な知識であれば何度でも発信していくことが大切だと考えます。
【伏木】私も、大事なテーマは2~3度取り上げるようにしました。財産を次世代に引き継ぐ上で「相続」が「争続」にならないための対策もその1つです。親族間での「対話」と、自身の財産を把握する「現状分析」が重要だと何度も紹介しました。実際に相談に来られる方の多くは、親族間での対話がありません。
【今井】親の財産を子どもは知らないし、親も子どもに言いませんよね。言うことでトラブルになるケースもよく耳にします。
【伏木】その場合は、「家族信託」を利用するのも1つの方法です。家族信託とは、資産を信頼できる家族に託し、その管理や処分を任せる仕組みです。受益者である子どもが進学することや就職することを条件にしたり、「給付時期」や「停止条件」を設定したりすることも可能です。
【今井】人生は何が起こるかわからない。さまざまなことを想定し、動けるうちに準備しておくことが重要ですよね。
【伏木】おっしゃる通り。ご家族が亡くなってから、「どうしよう」と相談に来られる方がほとんどですが、生前に「対話」と「現状分析」
を行い、事前にいくつかの選択肢を準備しておけば、展開は大きく変わるはずです。

財産を「残す」考えと財産を「活かす」考え

【今井】子どもたちに財産を残すと言っても、それが自分たちの老後の暮らしを切迫させてしまうのであれば、果たして豊かな老後と言えるのでしょうか。
【伏木】メディアなどを通じて、「今は土地や車を所有する時代からシェアする時代に」といわれていますが、私の感覚では「所有したい」と考える人が圧倒的に多い気がします。財産も同じで、ほとんどの相談者が「所有する土地などの財産を残したい」という議論から始まることがほとんどです。
【今井】人は基本的に生きていた証を残したい生き物です。それがお金や不動産の継承なのかもしれませんね。
【伏木】一方で、もらう側の意識は変わってきていて、親が土地を残したくても子どもが欲しがらない、という案件が増えています。
【今井】200年以上にわたって日本を治めた徳川家でさえ、江戸城を明け渡したことを考えると、所有することは永遠ではなく限りがあり、財産もまた「残す」だけでなく「活かす」という考え方も必要だと感じます。
【伏木】その点では「ふるさと納税」は節税だけでなく、地域のためにお金が使われるので、意義あるお金の使い方と言えます。今は返礼品以外にも、地域活性化につながる新しい事業の取り組みなどにも使われています。
【今井】「ふるさと納税」は本誌でも2度紹介しましたが、読者の皆さんからの反響も大きかったです。
【伏木】「相続」という言葉は本来、先祖の想いや教えを受け継ぎ、後世へ残すという意味合いが深いです。相続問題に絶対の正解はありません。まずは家族で話し合ってみることが大切だと思います。
【今井】相続税対策を行うことはもちろん重要ですが、税やお金のことばかりを考えて人生を浪費するのは悲しい。それに日本の税体系は複雑ですから、まずは専門家に相談することが重要ですね。
【伏木】その通りです(笑)。毎週月曜日に無料相談を行っていますので、不安がある方はぜひ一度お越しください。7年間本当にありがとうございました。

 

関連記事

  1. 【新連載】ココロもカラダも健康に!「いきいきビクス」でヘルシーエ…
  2. 税制改正による増税 こちら西新宿 税理士よろず相談奮闘記【80】税制改正による増税 …
  3. 残すより抜いたほうが良いときって?お口の健康を守る抜歯
  4. ロコモティブシンドローム 要介護リスクが高まるロコモティブ シンドローム
  5. 転ばぬ先の杖で介護予防 福祉用具で生活が安全快適に
  6. 冬場の温度差とアルコールに要注意 冬場の温度差とアルコールに要注意 交通事故死より多い入浴中の事故…
  7. お客さまとの信頼関係を築くコミュニケーション お客さまとの信頼関係を築くコミュニケーション
  8. 小規模企業共済制度 こちら西新宿 税理士よろず相談奮闘記【76】節税しながら老後資金…
ゴールデンライフ送付希望の方
読者プレゼント応募方法
脳トレ・脳レク応募申込
都内の名処
脳トレダンス動画
ゴールデンライフ広告掲載

ピックアップ記事

  1. 佐賀県嬉野市
  2. 都内の名処 六義園
  3. ゴールデンライフ9月号
  4. 輝く人 中井貴一さん
PAGE TOP